MSZ-010 ZZガンダム 1/100旧キット ①

0

「これさえありゃあ、もうマシュマーなんて火に焼いて食べちゃいますよ!」

エゥーゴが開発した可変合体MS。機動力や攻撃力もずば抜けて高く、圧倒的なパワーでネオ・ジオンの繰り出すMS群を撃破している。

こちらは1986年放映当時発売された1/100キット。足りない色をちょこちょこ塗っただけの仕様です。
差し替え無しで分離、変形、合体も可能。

フロントアーマーが固定の為、脚が前に出せずポーズ付けがなかなか決まりませんが、造形的にはとても優秀なキットだと思います。(前作の1/100のZがあれだったんで…)

変形の為バックパックが空洞で、メカニック感ゼロなところが一番の残念ポイント。
変形機構にロックもなく、脚なども浮かすと変形箇所がぶらぶら落ちてくる。

しかし、この時代には台座が発売されて宙に浮かぶガンプラの写真が撮れるなんて、夢にも思ってなかったですね。(カメラもなかったな)

機会あればじっくり向き合ってみたいキットだけど、積んである最近のプラモデルの消化が先かな。
いや、もう一生向き合う事ねぇわ(笑)

しかし36年前のキットを今こうして写真を撮るとは、何とも感慨深い。

#ZZガンダム
#1/100
#旧きっと
#機動戦士ガンダムZZ

Default
  • File

    Jolynex

    2022/12/06 - 編集済み

    ポーズ付けるとゴツくて良い感じっ!!
    しかしバンダイよ…何故サーベルのランナーを『その色』にした?!、、とw

    積んであるプラモの消化が先…身につまされる思いでござんす!w

    返信する
    • File

      Shining KazutaZ

      2022/12/06

      黄色いランナーパーツにもう少しブッ込まないとって感じなんじゃないでしょうかね(笑)せめて白ならピンクでチョコチョコ塗装なんだけど。
      旧キットはガザD、ジャムルフィンとか傑作多いし、ドライセン、ドーベンウルフもHGUCよりボリュームあって好きだったな。
      日本、惜しかった〜

      返信する