MS in Action MA-04X ザクレロ

0

公国軍が開発した宇宙空間戦闘用試作MA。新しいコンセプトのセンサー類などが採用されていたが、姿勢制御や攻撃面での問題から実戦テスト直前で破棄された。ただし、搭載する拡散ビーム砲の構造は、後の機体開発に活かされている。

1999年に海外輸出向け商品として発売したMOBILE SUIT IN ACTION!!(モビルスーツ・イン・アクション)、通称MIA。
完成体であり、ラインナップも豊富であることからコレクション性も高く、ついつい買ってしまいましたが、気付けばゴミの山ように……。ただ、そんな中、このシリーズでなければ一生商品化など無かったであろう奇跡のMSやMAがリリースされました。

その筆頭がこの「ザクレロ」。誰もが知るガンダム随一のゲテモノMA。劇中ではたった3分の登場ながら、未だに語られるって凄いです。しかも、宇宙空間でガンタンクと対戦するというカオスな絵柄。パイロット:デミトリーが上下出っ歯。

MIA版のザクレロは、上下幅が詰められ、多少精悍な顔つきに。発光サウンドギミックも内蔵されていて、背中の丸い部分を押すと拡散ビーム砲が光り、効果音が鳴ります。ゲテモノ、ダサい、かっこ悪いと散々言われてますが、メチャクチャカッコいいです!(笑)

アメリカで先行発売された輸入盤と、日本版があり、付属のMSが違いました。まぁザクレロ以外興味なかったので、すぐ手放しましたが…。なので、こちらがどちらのタイプかわかりません。

映画版ではカットされ、居なかった事になりましたが、漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、量産MAとして多数ソロモン宙域に配備されています。設定も小型化されて「ジャムルフィン」ぐらいなサイズに。丁度このMIA版が1/100サイズ位となったような……。

因みにザクレロの“レロ”は口の中の赤い所の事です。

#ザクレロ
#MIA
#機動戦士ガンダム
#無条件にどうしようもないオモチャ

Default
  • File

    Shining KazutaZ

    2020/9/27

    カオス!

    File
    返信する
  • File

    wolfgang

    2020/9/28

    ジオンのびっくりドッキリメカだ!

    返信する