MSA-001 1 Sガンダム ① (MG)

0

インコム・システムを装備した、Zプロジェクト7機目の機体とされるMS。無人MS構想の一環として開発されており、パイトットとは別にメインコンピューター・システムのALICEを搭載。このシステム回収のため、コア・ブロック・システムが開発された。

1987年から1990年まで『モデルグラフィックス』誌上で連載されていた小説・フォトストーリー『ガンダム・センチネル』の主役メカ。

「ΖΖガンダム」と同時期に開発された可変MS(TMS)。「α任務部隊」に配属された「リョウ・ルーツ」がメインパイロットを務め、連邦軍を離反した者たちで結成された敵勢力「ニューディサイズ」と戦う。

メカニックデザインはカトキハジメ氏で、この作品で頭角を現しました。

本来は「スペリオルガンダム」が正式な表記ですが、プラモデル化にあたり「スペリオル」が既存の商標と抵触するため、接頭語をスペルの頭文字のみに略した「Sガンダム」(エスガンダム)が商品名となったようです。

こちらは20年前に発売されたMGのキット。
まずは設定画の大腿部ビームカノン装備状態で。ちなみにビームカノンはこのキットには付属しておらず、後の発売となるEx-Sガンダムから拝借せねばなりません!バンダイ商法だと当時ブーブー言ってましたが、今ではそれでも定価以上で買わされる事に……。

#Sガンダム
#ガンダム・センチネル
#MG
#カトキハジメ

Default
  • Default

    kerberos-MG34

    2022/4/10 - 編集済み

    性格に難が無いと適性が向かない機体って、
    今考えると他に類を見ない気がしますね(笑)

    GジェネFの最終戦のムービーは現在も大好きです。

    自我に目覚めたシステムは、
    大抵は自己犠牲で最期に消えてしまうのが
    哀しい宿命ですね…

    返信する
    • File

      Shining KazutaZ

      2022/4/10

      ヤザンとか鍛えてパイロットにすれば戦争を終わらせたかもですね(笑)

      返信する