1991 Warwick Streamer Bass ☆

0

これもお友達の所から修行に(笑)来ている子です。

その友達が手に入れてからかなりの時間が経過していたのですが、たまーに弾くくらい、とのこと。
メンテなんかもちゃんとしてない感じだったので、

「この子は腐らせたダメ!」

と、その友達のバンドでBassを担当することを条件にお借りしています。

僕自身はBassistではなく、まだまだわかっていないことばかりなのですが、そんなど素人Bassistの僕でさえ「エエBassやなぁ。。。」と弾きながら思ってしまう一本です。Bassistのお友達からは「Bassって、こんなにラクに音が出るんだなぁ。。」と感心される優等生っぷり。

シンプルだけど幅の広いコントロールサーキットのおかげで、カバーできないジャンルなどないです。どんな現場に行ってもこれ一本で片付いてしまう、そんな優秀な子。実は元々、著名なプロミュージシャンの使用されていたもので、この子にはその方のアイデアが詰め込まれております。由緒正しい一本、これからもじっくりと、Bassってなんだ?という僕の疑問に答えてくれると信じております。(返せ、って言われないように大事に使っておりますw)

S/N L-004XXX

Default
  • File

    パプリカ

    2022/3/5 - 編集済み

    「どんな現場に行ってもこれ一本で片付いてしまう」…プロフェッショナルな職人、といった感じですね。カッコイイ。

    返信する
    • File

      Kei Maeda

      2022/3/10 - 編集済み

      パブリカさん、いつもコメントありがとうございます。そう、まさにそうなんですよ、この子。問題がでも、一つあります。弾く人の腕前がそれに追いついてないということです(爆笑)。

      返信する
    • File

      パプリカ

      2022/3/17

      弾く人のポテンシャルさえも最大限に引き出してくれる職人さんだからきっと大丈夫です(笑)。

      返信する
  • File

    はるさめ

    2022/3/6 - 編集済み

    「カバーできないジャンルなどない」、すごいですね!

    返信する
    • File

      Kei Maeda

      2022/3/10

      はるさめさん、いつもコメントありがとうございます。
      この子は本当に幅広く、いろんな空気感のある音を出せます。
      最近の弦楽器、ギターやベースなどはそうした傾向にあるようで、昔だったらこのジャンルにはこれ、という傾向があったのですが、最近はなんでもこなす子が売れているようです。時代的にこの子はその世代の走り、ですね。

      返信する
    • File

      はるさめ

      2022/3/14

      オールマイティな子が受ける時代になってきているんですね。さまざまなジャンルの音楽に馴染む音が出せるのは素晴らしいことですね。

      返信する