モスゴジ ゴジラ1964

0

食具のモスゴジです。安価ですがかなりのできばえですね。
#ゴジラ

Default
  • File

    tomica-loco

    2018/8/8

    東宝のゴジラに始まり大映のガメラ、大魔神、日活の大巨獣ガッパそして松竹のギララと各映画会社が怪獣映画を製作してましたけど、東映が製作した怪竜大決戦と言う映画はゴジラや他のと比べると面白さや迫力に欠ける気が‼︎

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2018/8/8

      時代劇とコラボしたストーリーでしたよね。子供のころ白黒テレビで見た記憶があります。・随分昔のことになりますが。

      返信する
  • File

    8823hayabusa

    2018/8/9

    この後のシリーズではゴジラも”地球を襲う悪の怪獣と戦う怪獣”みたいになっていきましたけど、ゴジラにはやはり人間にとって脅威の存在で居てほしいです。

    モスゴジなんてまさに悪役ヒールで♪  子供の頃、再放映ですが【モスラ対ゴジラ】を映画館のシネスコープで観た記憶があります。家庭用モニターの比じゃない迫力ですよね。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2018/8/9 - 編集済み

      コメントありがとうございます。巨大生物が襲来して来る想定のゴジラは核兵器より人類の脅威のはずですね。モスラ対ゴジラのあと地球最大の決戦でヒーローになりますが、ここから子供たちの特撮ヒーローワールドが広がっていくんですよね。当時は次は何かな?ってワクワクしていました。

      返信する
  • File

    A-chan

    2020/8/14

    こんばんは。
    破壊の限りを尽くし、モスラの卵を狙い、モスラの命を奪い、岩島の教師と児童達を恐怖させた事でシリーズ中でも完全な悪役扱いをされている「モスラ対ゴジラ」のゴジラ。
    泥の中にモコンと埋まった状態だったのが可愛いですが(笑)、このまま眠ったままだったらゴジラの上に工業地帯ができていたのですね(目覚めて良かったね、ゴジラちゃん)。
    初期の頃はゴジラは人間の味方では無かった事をこの映画で知りましたが、劇中の彼の行動を見ているとそれほど悪役には見えません。ただ本能のままに進行しているだけで壊すつもりで壊している訳では無く、手向かいする者だけに攻撃を仕掛けているように見えます。モスラの卵も、ただ興味があって近づいて行っただけなのかもしれません。
    モスラも卵を守る為とはいえ、ゴジラを殺したくは無かったかもしれません。その思いが幼虫達に通じたからこそ、ゴジラは生かされたのだと思います(まあ、幼虫のうちは殺傷能力は無いと思いますが)。

    この映画ではインファント島民の人間不信も描かれていますが、そんな中に丸腰でモスラの協力を頼みに行った3人は本当に勇気があると思います。島の外には悪人だけで無く善人もいる。これは勇気を出して触れ合わないと伝わらない事です。3人の思いが切実だったからこそモスラは力を貸してくれたのだと思います。本当の人間不信の無い世の中を作るのは、まだまだ難しいと思いますが。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2020/8/14

      A-chanさん コメントありがとうございます。とっても理解できる解説ありがとうございます。
      この映画はゴジラシリーズの4作目ですが、当時の作品は怪獣というキャラクターを媒体にして社会を風刺した構成や演出を感じることができますよね。
      いまでも面白く観ることができますし、また新たな気づきを与えてくれることがあるので感心してしまいます。

      返信する