異次元超人エースキラー 1972

0

ウルトラマンエース第14話「銀河に散った5つの星」に登場。ヤプール人がウルトラマンエース抹殺用に生み出したサイボーグ超人です。両腕を広げながら笑うような仕草を見せるなんとも憎らしいやから(笑)。ゴルゴダ星でゾフィーからM87光線、ウルトラマンからスペシウム光線、ウルトラセブンからエメリウム光線、ウルトラマンジャックからウルトラブレスレットを奪い取った後、目と胸部結晶に光が灯りました。これはウルトラマンたちのエネルギーを吸収しパワーアップしたためとされています。テレビで観ていて子供ながらにショックを受けたシーンでした・・。

Default
  • File

    8823hayabusa

    2018/11/20

    なんともリアルな仕上りですね。

    返信する
  • File

    kinggidoko

    2018/11/20

    ありがとうございます。ウルトラマンイマジネイションのフィギアはガチャなのにかなりのできばえで、人気シリーズになっていますよね。

    返信する
  • Animals 54

    monster

    2018/11/20

    いいですよねぇ 私は張り付けのウルトラ兄弟に萌えてしまいますね(笑)

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2018/11/20

      おおー、そういうかたもおられるのですね(笑)。この場面をテレビで観たときかなりショックを受けた記憶があります。純粋な少年だったのですね~・・。

      返信する
    • Animals 54

      monster

      2018/11/20

      張り付けにされた
      ウルトラ兄弟のフィギィア思わず買ってしまいました(笑)

      返信する
    • File

      kinggidoko

      2018/11/21

      ちょっとSっ気ですね(笑)。

      返信する
  • File

    ウルフ359

    2018/11/20

    このエースキラー、めっちゃカッコイイ!
    メトロン星人Jr.もこのくらいアレンジしてくれたらカッコよくなりそう。。。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2018/11/21

      ありがとうございます。そうですよね。メトロン星人の色彩は映えるので、イマジネーションシリーズにラインナップされてば、かなりイケるフィギアになりますよね。なんか期待したくなりました(笑)。

      返信する
  • お〜〜〜ッ!あのシーンを思い出しましたぁ!

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2018/11/23

      もう45年も前の放送ですからね。・・年をとりました・(笑)。

      返信する
    • お互いですね!笑

      返信する
  • File

    sat-2019

    2019/8/7

    このエースキラー、テレビで観たものよりも、体つきや表情から悪々しさが醸し出されていますね…
    対照的に、磔にされたエースをはじめとするウルトラ兄弟の哀れさや絶望感も、テレビ以上の表現力を感じさせました。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2019/8/8

      set-2019さん、コメントありがとうございます。このフィギアはウルトラマンイマジネイションというシリーズでして、実写とは違ったポーズや動作を表現した造形になっています。エースキラーのドヤ顔と憎々しいポーズがそそられますよね(笑)。

      返信する
    • File

      sat-2019

      2019/8/8

      こちらこそ、ご返事ありがとうございます🙌🏻
      まさしく「イマジネイション」の世界のシリーズなんですね😃
      実写での世界を尊重しつつ、よりその世界観を深化させた表現が、どおりでなされているわけですね。
      エースキラー、本当にその憎々しさがそそられます😆

      返信する
  • File

    A-chan

    2020/9/1

    連続失礼します。
    5兄弟の磔。何ともショッキングなフィギュアですね。
    ゴルゴダ星編の中でも特に強烈なインパクトを残しているのは、やはり14話に登場するTACの最高責任者・高倉司令官の存在でしょう。
    高倉はウルトラ4兄弟が捕らえられているゴルゴダ星を、何の躊躇も無く破壊しようとしました。劇中では理由がはっきり語られていませんでしたが、後の記述からどうもヤプールの本拠地がゴルゴダ星と見たらしいとの事だそうです。・・・が、それにしてもこの判断は・・・
    (汗)。
    地球にとって、ウルトラ兄弟は数々の危機を命がけで救ってくれた大恩人。本来ならば、こちらも命がけで彼らを救出するのが当然の義務です。マイナス宇宙へ飛べるだけのエンジンを作り出せる科学力があるのなら、ミサイルでは無くロケットでゴルゴダ星へ出向いて4兄弟を拘束している十字架を破壊するか、4兄弟にエネルギーをチャージする方法だのを考え出せたはずです。でも高倉の命令は、あまりにも恩知らずで無慈悲でした・・・。
    タカ派軍人の典型的な特徴として、自分こそが地球の英雄になって脚光を浴びたいという願望がありますね。地球の守りの頂点になりたがっている者にとって、もう一つの地球の守り・ウルトラ兄弟はさぞかし目の上のタンコブでありましょう。
    私は、こう思うのです。高倉が本当に爆破したかったのは、ゴルゴダ星では無くウルトラ兄弟だったのではないかと・・・(考え過ぎでしょうか?)。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2020/9/1

      A-chanさん コメントありがとうございます。なるほど・・の解釈ですね。考えすぎといやあそうかも知れませんが、それぐらい膨らんだほうが面白いです。語りつくせない・。(笑)

      返信する