海底軍艦 マンダ 1963

0

この映画の原作は1900年に発表された押川春浪さんの小説『海底軍艦』ですが、内容はまったく異なるものになっています。ただ、少数の人員が孤島で海底軍艦を建造するという流れは引きつがれています。
登場するこのマンダですが、当初は大蛇として企画されていて、「マンモススネーク⇒マンモス蛇(だ)⇒マンダ」と名付けられたそうです(笑)。映画公開の翌年(1964年)が辰年なので竜に変更されたという経緯もあります。

Default
  • Animals 16

    Jason1208

    2020/10/5 - 編集済み

    現在進行中のアルメニアとアゼルバイジャンの戦争で、武装ドローンが大戦果を挙げてるという話を聞いて、『海底軍艦』の伊豆大島に現れたムゥ帝国の戦法、浮遊物体が敵に突っ込んでいって大爆発を起こすアレと同じじゃないかと思ったのですよ。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2020/10/6

      Jasonさん コメントありがとうございます。太平洋戦争では有人特攻という不条理な作戦があったのですが、無人であっても許せない攻撃方法だと思います。

      返信する