ガメラ対深海怪獣ジグラ 1971

1

米国トレンドマスター社製ジグラです。この映画公開後、大映は倒産しましたが、監督の湯浅さんはじめガメラシリーズのスタッフは、この作品のあと「ガメラ対双頭怪獣W」と題する次回作の企画準備を進めていたそうです。この企画は1991年、大映から発売されたレーザーディスクの映像特典としてシミュレーション映像が紹介されています。怪獣「W」はコブラのような双頭の「ガラシャープ」と命名され、幻のシリーズ続編は「ガメラ対大邪獣ガラシャープ」と題名されました・。う~ん、残念!

Default
  • 良い出汁出そうな怪獣(笑)それにしても観たかったですねぇ!

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2019/2/10

      ひでパパ俺達!さん、コメントありがとうございます。新開発のラーメン出汁(笑)。ほんと残念ですよね・。

      返信する
  • Lion

    toy ambulance

    2019/2/11

    ソコダラにもトクビレ(八角)にも似ていますね。この手の顔のやつは以外と美味い。

    File
    返信する
    • File

      kinggidoko

      2019/2/11

      ambaulanceさん、コメントありがとうございます。ほんとこのお魚、似てますね(笑)。
      トレンドマスター製のフィギアは、ちょっとアメコミ調にアレンジされた造型なので、オリジナルからちょっとずつ外れていくのが面白いですよね。なにの怪獣なのかわからない・(笑)。

      返信する
  • File

    オマハルゲ

    2019/2/11

    これは強そうだ!
    ガラシャープもそうだけど、マルコブカラッパってww
    マルコ・ブカラッパだと思い込んじゃいましたよ。丸瘤・カラッパなんですね。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2019/2/11 - 編集済み

      omaharugeさん、コメントありがとうございます。マルコブカラッパイメージ画像です(笑)。

      File
      返信する
    • File

      kinggidoko

      2019/2/11

      ガラシャープイメージ画像です。

      File
      返信する
  • Animals 16

    Jason1208

    2019/2/11

    大映一番の稼ぎ頭でありながら、予算面では割を食い続けた昭和ガメラシリーズですね。マッハ文朱さん主演の『宇宙怪獣ガメラ』は結構ガッカリした記憶があります。^^;
    後に大映を引き継ぐ、徳間康快氏は永田雅一社長の濫費を非難して、
    何度も直言したと聞きます。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2019/2/11

      Jasonさん、コメントありがとうございます。エピソードのご提供もありがたいです。怪獣フアンとして大映の放漫経営は実に残念ですよね。でも、昔の方はどれだけ進言しても頑固な姿勢を崩さないことが今の日本の現状でもあるように思います・。
      ・・ちょっと大げさになりました(笑)。

      返信する
  • File

    8823hayabusa

    2019/2/11

    レッドスネークカモン!(笑)

    そんな企画があったのですね。昭和ガメラは段々と残年になっていったのは、やはりスタッフと経営者の軋轢?温度差?が滲み出たのでしょうか。

    ともあれ、平成ガメラは怪獣ファンに嬉し涙を与えてくれたので、次の元号でもガメラ、その双頭怪獣を出して欲しいッス。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2019/2/11

      hayabusaさん、コメントありがとうございます。元号が変わって気分良く過去をリセットしやすい雰囲気になったら、新しい試みがあってもいいですよね。期待したいです。

      返信する