フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ 1966

0

この映画は日本古来の神話『海彦山彦』が敷かれて、「細胞分裂によって分身した『父と子でもなく、兄弟でもない』2体のフランケンシュタイン(いわばクローン)の争い」が描かれたそうです。

Default
  • File

    8823hayabusa

    2018/9/4

    海中から漁船を見上げるシーンと、空港でモグモグタイムは恐かったです((( ;゚Д゚)))

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2018/9/4

      コメントありがとうございます。昔の東宝怪獣映画は、怪獣が人類の脅威であることを鮮明に表現していましたね。戦争のなごりがストーリーにちりばめられている部分もおおいようです。だからなにかと怖かった印象があります。

      返信する
  • File

    dropupppu

    2018/10/9

    いい映画だったんですけどね・・地味でしたね。

    返信する
    • File

      kinggidoko

      2018/10/9

      今みたいにCGやVFXがあったわけではないので、”人間が演じている感”は、拭えなかったですね。今リメイクするとおもしろいかも知れませんね。

      返信する