Magmax & Vetrophonia “s/t”

0

本作は日本のMagmaxとロシアのVetrophoniaの限定スプリット・アルバムです。Magmaxは、MSBRをやっていた田野幸治氏(故人)が不特定のヴォーカルと組んだ日本初のパワエレ・ユニットであり、一方、Vetrophoniaは、ZGAをやっていたAlexander Lebedev-FrontovとLinija MassのNickolai N. Soundnickから成るノイズ・デュオであります。Magmaxは名器TB-303の上に、ギターシンセの自己発振音とエフェクターによるハーシュノイズが乗り、そこに殺気立ったアジテーション・ヴォイスが絡みつくと言う音作りをしています。Vetrophoniaは金属音や具体音などを凶悪に組み合わせたロシア・アヴァンギャルド的な音を放出しています。当時はロシアからULTRAなどのノイズ関係の自主制作レーベルが立ち上がり、ちょっとしたロシア・ノイズがブームになっていました。これは田野氏から直接買ったか?交換したか?であろうかと思います。ジャケ写はVetrophoniaのアレキサンダー作で、いい感じです。

Magmax
youtu.be/avC5m1UJjyg

Vetrophonia
https://youtu.be/NO-szjj1x3o

#Magmax #Vetrophonia #PowerElectronics #RussianAvant-garde #Flenix #ULTRA

Default