500円バイカラー・クラッド貨 令和3年銘

0

令和3年11月1日より発行されている、3代目にあたる500円貨幣です。それまでの500円のデザインを踏襲していますが、最先端の偽造防止技術が詰め込まれています。特に異形斜めギザは一般通用貨幣では世界初の採用です。

この貨幣は、外側にくるリングと中心のコアで異なる金属材料を使っており、2色の貨幣にみえます(バイカラー貨)。更に、コアは銅板を白銅板で挟み込む構造となっています(クラッド貨)。コアの中の銅板は外から見えません。

令和3年度は、この貨幣が2億枚発行される予定です。

Default
  • File

    パプリカ

    2021/11/5 - 編集済み

    バイカラー!やはり見慣れませんね、当たり前ですがw。いろんな技術早く手元で見てみたいです。いつ頃回ってくるかな~。

    返信する
    • Nevsxigi

      Hokutosei

      2021/11/5

      そのうちこちらの500円が当たり前になることでしょう。金融機関では引き換えが始まりましたが、広く出回るとなると数か月かかると思います。

      返信する
    • File

      パプリカ

      2021/11/16

      数か月ですか、楽しみです~!

      返信する
  • File

    はるさめ

    2021/11/12 - 編集済み

    ほんとだ、2色に見えますね!出回るのが楽しみです。

    返信する
    • Nevsxigi

      Hokutosei

      2021/11/12

      早いところでは釣銭からゲットしたという報告が既に上がっているようです。早く行き渡ってほしいですね。

      返信する