アデレックスのコップ

0

70年代から80年代にかけて作られていた石塚硝子の業務用グラス、アデレックスシリーズのコップです。
当時の食堂や喫茶店で普通に使われていたものですね。日常的に使える丈夫で安価な器。日本製品の鑑みたいな。

スタッキングするための形、角度の異なる斜めの線を組み合わせてるのが美しい。当時のモダン建築に通じるものがありますね。
円筒でも良いはずなのですが、伸び上がり迎える形に作り上げた。

この直線は有機的だ。

Default