ザ・ウォール/ピンク・フロイド

0

このアルバムが出たころ、日頃ビルボードヒットチャートをチェックしてたのですが、このアルバムからのシングル第1弾「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール・パートⅡ」がピンク・フロイドにとって久しぶりのNo. 1ヒットソングとなりました。元々ピンク・フロイドはシングルヒットを連発するバンドではなかったので出来るだけ長くNo. 1を続けて欲しいと願ってましたが翌週にはあっさりと1位をあけ渡してしまいました。たった1週間で1位の座から引きずり下ろしたのがブロンディ最大のヒット曲「コール・ミー」でした。その時ブロンディを恨めしく思いましたが、それとは反対にこの曲なら仕方ないな、タイミングが悪かったなと認めた自分もいました。今ではどちらの曲も良い思い出です。
#ザ・ウォール #アナログLP2枚組

Default
  • File

    db108

    2020/12/22

    自分はハイエナジーやユーロビートしか興味が無かったので他の洋楽には余り興味が無かったですが、ピンクフロイドの曲は1曲だけ知っています。
    「(吹けよ風、呼べよ嵐」
    アブドーラ・ザ・ブッチャーのテーマソングでしたので。

    返信する
    • File

      kyusha_fan

      2020/12/22

      こんばんは。
      ブッチャーがピンクフロイドの「吹けよ風、呼べよ嵐」を使ってきた時は驚きましたね。プロレス会場から入場する時に流れる当曲は場内を盛り上げてましたね。こんな曲はよい意味でピンクフロイド しか思いつかないでしょう。

      返信する
  • File

    kyusha_fan

    2020/12/26

    この作品はリーダー、ロジャーウォーターズの構想を具現化したアルバムと言われています。
    とても練られた内容ですが、それが行き過ぎた結果、次の作品を出した後グループは分解してしまいます。

    返信する
  • 初めて買った洋楽LPがピンクフロイドで、
    中学時代はプログレッシブ一辺倒でした。
    実家にはそれ系のLPがそこそこ残ってます。
    懐かしいなぁ。

    返信する
    • File

      kyusha_fan

      2021/03/16

      おはようございます。
      そうですか。私も中学2年生からプログレにハマりました。70年代はプログレの全盛期でしたね。

      返信する