菱亜鉛鉱(+異極鉱)(スミソナイト)

0

菱亜鉛鉱(+異極鉱)の鉱物標本です。菱亜鉛鉱は炭酸塩鉱物、異極鉱はケイ酸塩鉱物で化学組成は異なるのですが、両者は非常によく似ていまして…。ただ、紫外光を照射すると、菱亜鉛鉱の部分のみが蛍光するため見分けることが可能です。これまで菱亜鉛鉱に紫外線を当てた事は無かったのですが、折角の機会なのでやってみますと、たしかに本などに記載されているとおり、薄青色に蛍光する事を確認する事が出来ました。ミネラル展で購入しました。

Default
  • File

    shm

    2019/2/4

    お写真拝見いたしました。
    銅タイプのスミソナイトですね😄ピンクパープルのコバルト含有タイプが人気ですが私はこの色が一番好きです。

    返信する
    • File

      luhna-009

      2019/2/4

      ありがとうございます。
      ピンク系のスミソナイトも可愛いのですが、個人的にこちらの色の方が好きなため、
      こちらをコレクションしました。

      鉱物は、僅かな微量元素で色が変わるところも面白いですよね。

      返信する