SOMEDAY/佐野元春

0

3枚目のオリジナルアルバム(1982年5月21日発売)
※当時「このアルバムが売れなければ、活動をやめようと思っていた」インタビューで語っている。ライヴでは欠かせない「Rock & Roll Night」「SOMEDAY」等が収録されている。このアルバムで佐野を知ったファンも多く、大滝詠一や沢田研二等、佐野のシンガーソングライターとしての才能を見抜いたアーティストの後押しもあり、このアルバムはオリコンで最高位4位を記録、佐野の名刺の様なアルバムである。
※勿論、「サムデイ」は大好きですが、特に「Rock&Roll Night」は最高です。
(収録曲)
全曲作詞作曲編曲:佐野元春(特記以外)
FRONT SIDE
1シュガータイム -Sugartime-
 Strings編曲:大村雅朗
2ハッピーマン -Happy Man-
 ※後にシングルカットされた。
3ダウンタウンボーイ(新録)
 Strings編曲:大村雅朗
 ※先行シングル作品。
4二人のバースディ -Birthday Song-
5麗しのドンナ・アンナ -Believe In You-
 Strings編曲:大村雅朗
6サムデイ -Someday-
 Strings編曲:大村雅朗
 ※先行シングル作品。
 ※後に、白井貴子やHEADSなど多くのアーティストがカバー。
BACK SIDE
1アイム・イン・ブルー -I'm In Blue-
 ※1980年沢田研二への提供曲。
 ※1984年吉川晃司がアルバム『パラシュートが落ちた夏』でカバー。
2真夜中に清めて -Midnight Tripper-
3ヴァニティ・ファクトリー -Vanity Factory-
 ※1980年沢田研二への提供曲。
 ※沢田がコーラスで参加している。
4ロックンロール・ナイト -Rock & Roll Night-
 Strings編曲:大村雅朗
5サンチャイルドは僕の友達 -Sunchild-
#アナログレコード
#佐野元春

Default
  • File

    dropupppu

    2022/5/17

    なつかしいLPです。

    学生時代、和歌山から群馬まで高速道路を走らせながらこのレコードをダビングしたカセットを掛け続けていました。年始の渋滞に巻き込まれながらの13時間、ずっとこれだけを聞いていたのがいい想い出です。

    返信する