戦争の歴史の重さを背負った1ドル紙幣

0

HAWAIIとスタンプされた1ドル紙幣

日本時間1941年(昭和16年)12月8日未明、ハワイ時間12月7日)第二次世界大戦において日本海軍が、
アメリカ合衆国のハワイ準州オアフ島真珠湾にあったアメリカ海軍の太平洋艦隊と基地に対して行った。
いわゆる真珠湾攻撃。
それを受け1942年、アメリカ合衆国政府はハワイ向けの特注銀行券を発行し始めた。
HAWAIIと大きくプリントしたのだ。

もしハワイが日本軍に占領されたら、すぐに本来の米ドルと区別して無効化し、
日本人が使えなくするのが目的だった。
そんな歴史を背負った1ドル紙幣です。

当時ハワイでは通常の米ドルが流通していたが、アメリカ合衆国政府は日本軍が手に入れる前にすぐに買い取った。
1942年、政府はひとり頭200ドルを残して、ハワイの全紙幣を回収した(ビジネスに関しては500ドル)
ちなみに現在でも1ドルとして使用可能らしい。

#Hawaii #1dollor #1ドル紙幣 #ハワイ

Default