• Picture
  • makoto.panteleimon Museum
  • 10F 🌕【閲覧No3 11550人以上】弥生美術館(東京都文京区)展示: 2021å¹´10月~2022å¹´1月/【フランス政府研究大学とNHK取材】文豪 谷崎潤一郎の着用した長襦袢/小説「細雪」執筆時の着用の可能性が高い/ 書籍「谷崎潤一郎をめぐる人々と着物(東京美術刊行)」掲載/ Web 婦人画報の美しいキモノ(10月27日)に掲載/Web 婦人画報に掲載(10月27日)/朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、読売新聞、日刊ゲンダイに書評等の掲載/週刊「新潮」(12月23日号)巻頭カラーに掲載
File

🌕【閲覧No3 11550人以上】弥生美術館(東京都文京区)展示: 2021年10月~2022年1月/【フランス政府研究大学とNHK取材】文豪 谷崎潤一郎の着用した長襦袢/小説「細雪」執筆時の着用の可能性が高い/ 書籍「谷崎潤一郎をめぐる人々と着物(東京美術刊行)」掲載/ Web 婦人画報の美しいキモノ(10月27日)に掲載/Web 婦人画報に掲載(10月27日)/朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、読売新聞、日刊ゲンダイに書評等の掲載/週刊「新潮」(12月23日号)巻頭カラーに掲載

28

写真は、2019年10月25日 フランス国立PSL研究大学・フランス極東学院(京都市)の研究会の様子をNHKが取材している様子です(同年10月30日に放送)。

「細雪」、「刺青」などの作品で知られる大・大文豪「谷崎潤一郎」の遺品である大津絵の柄を美しく散らした襦袢です。谷崎潤一郎の晩年の頃に着用していた様で、
日本橋蛎殻町の谷崎潤一郎の生家で、ご家族が保管されていたのを、人を介して、譲り受けました。

谷崎潤一郎は、認知されているだけで、ノーベル文学賞に、少なくとも、4回ノミネートされていた日本を代表する作家です。芥川龍之介が仰いでいた作家のひとりです。

芥川とは、菩提寺も同じで、墓も背中合わせだとか。

金沢市を代表する文豪・泉鏡花、徳田秋声とも、谷崎潤一郎が、駆け出しの頃に、読売新聞社主催の宴で、初対面しています。この頃は、泉鏡花が、名を馳せていた頃です。

蛇足ながら、芥川龍之介は、同じく、金沢市の文豪・室生犀星を尊敬し、犀星の招きで、度々、金沢を訪れ、兼六園の老舗料亭に宿泊した記録があります。


長襦袢は、谷崎が、代表作「細雪」を執筆していた際に、着用していた可能性が、かなり、高いのです(芦屋市谷崎潤一郎記念館の学芸員の話)。「瓢箪鯰」など、長襦袢の柄の単語が、「細雪」の文章に、挿入されているのです。


細雪は、昭和天皇も愛読したとか。

金沢市は、加賀藩政より、能楽が盛んで、『宝生流』。対を成す『観世流』の継承者、故・観世栄夫さんの岳父(妻の父)が谷崎潤一郎。

『宝生流』と『観世流』は、能楽の二大流派。
この二大流派の共演も、過去に、金沢市能楽堂で行われました。


#文学#文豪#谷崎潤一郎#ノーベル文学賞#細雪#芥川龍之介#着物#能楽#泉鏡花#大津絵#襦袢#金沢市



Default