• Picture
  • makoto.panteleimon Museum
  • 18F 🌕【閲覧 No7 9060人以上】弥生美術館(東京都文京区)展示 : 2021å¹´10月~2022å¹´1月/【フランス政府の研究大学とNHK取材】 文豪・谷崎潤一郎の長襦袢 2着目/ 書籍「谷崎潤一郎をめぐる人々と着物(東京美術刊行)」掲載/Web 婦人画報の美しいキモノに掲載(10月27日)/Web 婦人画報に掲載(10月27日)/朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、読売新聞、日刊ゲンダイに書評等の掲載
File

🌕【閲覧 No7 9060人以上】弥生美術館(東京都文京区)展示 : 2021年10月~2022年1月/【フランス政府の研究大学とNHK取材】 文豪・谷崎潤一郎の長襦袢 2着目/ 書籍「谷崎潤一郎をめぐる人々と着物(東京美術刊行)」掲載/Web 婦人画報の美しいキモノに掲載(10月27日)/Web 婦人画報に掲載(10月27日)/朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、読売新聞、日刊ゲンダイに書評等の掲載

14

2019年2月に、金沢市内で発見された谷崎潤一郎の長襦袢。2019年10月25日には、京都市で、フランス国立PSL研究大学・極東学院長、クリストフ・マルケ氏(日仏会館、NHK日曜美術館など歴任)、京都精華大学、大津歴史博物館の合同研究会に招待され、NHK地方局に取材されました。

図柄は、大津絵を再興した「楠瀬日年」の絵を複写していて、学術的にも稀少価値が高い様です。

書籍「大津絵民衆的風刺の世界(角川ソフィア文庫)」に掲載されている図柄です。

写真は、特別許可を得て、2019年9月26日午後3時過ぎ、谷崎潤一郎の書斎「石村亭(京都市左京区)」で撮影。

2021年10月より、首都圏の文化施設で展示される予定です。




Default