Adderley ceramics 1920年頃 カップ&ソーサー

0

日本では染付、中国では青花、西洋ではblue willow と呼ばれるこの手の色柄が凄く好きみたいだと気付いた。和骨董と一緒に使って違和感のない、近い時代のものを発見。デミタスカップのようなのに、意外にきちんと飲める絶妙な容量。メーカーズマークからなんとなく年代が判明。adderleyはブラウンベティという、紅茶がとても美味しく淹れられるポットで有名みたい。

Default
  • File

    mat2193

    2017/5/9

    これきれいですね!

    返信する