メーカー不明 レッドマン 幻のスタンダードサイズ

0

 ブルマァクのレッドマンといえばミドルサイズと大サイズ、大サイズはマスク脱着、固定ヘッド、クリアカラーの宇宙人間と3種類となります。
 スタンダードサイズはなかったのですね。
 スタンダードサイズがなかったのは後のゴッドマンも同様でしたが、怪獣たちと戦わせて遊ぼうにもサイズが合わなくて「レッドマンごっこ」は出来なかった思い出があります。

 ところが、ブルマァク風の幻のスタンダードサイズが実は無版権メーカーから発売されていたのです。
 無版権モノはサンダーマスク、ミラーマン、スペクトルマンは非常に多く現存していますが、このレッドマン・スタンダードサイズは極めて希少な存在です。
 大きさは全高が約25センチ、カラーはブルマァクの彩色を意識してパターンがコピーされています。
 顔の造形など、ブルマァクと明らかに違っていることが分かるのですが、それでもブルマァク風でファンの心をくすぐります。

 私はこのレッドマンを当時、タグ付きの吊るしの状態で駄菓子屋で売られているのを一度だけ見たことがありました。
 その記憶を頼りにソフビ収集を初めて20年以上は探しましたが出会えることがなかなか出来なかったアイテムでした。

 人気がない上にゾッキ品ですから、それほど価値が有るものではないでしょうが、私にとってはレア中のレア、幻のレッドマン・スタンダードサイズです。

 
 

Default
  • File

    mocopapa

    2017/7/19

    レッドマンのスタンダードサイズ(350円?)は、そういえば見かけませんね。朝の「おはよう子供ショー」内の短時間の番組でしたから、オモチャメーカーも力を入れてなかったんでしょうか?円谷10周年記念作品のファイヤーマンも見かけない気がします。

    返信する
    • File

      メチャゴジラ

      2017/7/19

      ファイヤーマンも製品化が少なかったキャラですね。唯一、旧バンダイからスタンダードサイズがマスク脱着で出ていました。ゾッキ品も大サイズでしたし、ウルトラ以外はあまり商売にならなかったのかもしれません。

      返信する
  • File

    大魔神

    2017/10/17

    パチもんなのにこのクオリティの高さ!!
    パチもんは版権物から型取りしたいかにも粗悪品といった感じのもありますが、これはきちんと造形されていますね。他のヒーローものも作っていたんでしょうねぇ。

    返信する