シュトゥルミを作ろう!の更に続き…の巻

初版 2020/11/14 00:24

改訂 2020/11/14 00:26

さきほど木金のシュッチョーから帰ってきたら、もう届いてました。

フィンランド軍の戦車兵です。

ウクライナのミニアート社の1/35キット。


でも。前にも書きましたが、Amazonさん、そんなに早く届けていただかなくてもいいんですが…。1日で来なくてもイイです。。。


しかし、なかなかの精度のキットですね。

先日のタミヤ6ポンド砲兵さんの時代とは大違いなので、モールドがシャープで塗装が楽そうです。

このうち誰を使おうかな…?


さて、ところがなんですが、この人らをシュトゥルミに乗せるにはハッチを壊して開けないといけません。


ということで、試しに内側から指でグイグイ押してみたところ、、、

…メリメリ!っと開きそうです。

オリャ!!!

あ。開いた(笑)

開きました。どうやら、塗料で固着していたダケだったみたいです。あぁヨカッタ。


では、車長のハッチは?

メキメキ…

あ、開いた(笑)

こっちは少し加工しないとキレイに開かなさそうですが、何とかなりそうです。


まぁ、これらのハッチが開いた状態にしてそのまま使えるか良く考えてみますが(分厚いし裏面のモールドとかどうかな?とか)、これで何とか戦車兵さん達を乗せられる目処がつきました。


あと、写真では、よく分からないと思いますがウォッシュしてフィルタリングしてみました。


お次は楽しいデカールです。


つづく

 ↓↓

https://muuseo.com/miniature-models-bottles/diaries/126


ミューゼオ T. Sのモノ日記 | Muuseo(ミューゼオ)

https://muuseo.com/miniature-models-bottles/diaries/126

T. S




#ラジコン戦車

#Muuseo模型倶楽部

#シュトゥルミ

Author
File

T. S

I am a collector....

Default