EH10レストアの続き…の巻

初版 2020/02/23 09:49

改訂 2020/02/24 03:01

前回日記の結末、、、窓から思いっきりマジックの「B」の文字が。。。ということで、車内も塗装することにしました。


内部の色は良く分かりませんが、いろいろと見てみると、どうやら若竹色というか、つまりゼロ戦の機内色みたいな色のようです。(おそらく)


まずは分解。

前後の車体を連結している動力軸を抜きます。

そして、車体を外し、、外して、、、あれ、取れない(汗)

そうなんです、この古いEH10、車体を外すのがちょっと難しいというか、コツがいります。

なんどやっても外れません。たしかに、前回も苦労しました。

最終的に、片側の爪?を浮かせて(引っ掛かりが、運転席よりと、車体中央と、2か所にあります)、その浮かせた隙間に紙を突っ込んで戻らないようにして、反対サイドの爪を外し、、、で何とかスポッと車体が脱げました。。。

あとは、タミヤアクリルの「日本海軍 機内色」でペタペタ塗ります。

Bの文字が隠れました。

前後の区別のAとかBの文字は、ダイキャストの上に書きましょう。(最初からこうすればよかった。。。)

早く車体を被せたいところですが、しっかり乾燥させないと。


待つことしばし。

完成! イイ感じです。

最後の仕上げで、前回の車体磨きで消えかけてしまった側面の車番もシルバー塗料でタッチアップ。

1.5ミリくらいの文字なので…汗 見えない、、、

眼鏡をはずして頑張って末尾の「4」に色を付けました。(64号機って、最終号機のようですね。この機関車は64両が量産されたそうです。)


   完成↓

あ!しまった。

ボディを被せる前に、モータとギアのメンテをしておけばよかった。。。後日また苦労してボディ外さないと、、、orz

この機関車、手がかかります…。


#修理

#レストア

#EH10

#KATO

Author
File

T. S

I am a collector....

Default