1/72フィギュア “キャメル騎兵連隊・スコッツグレイ/スーダン戦役”(2nd Dragoon Scots Greys in the Camel Regiment, Sudan Campaign)

0

19世期末のスーダン戦役におけるスコッツ・グレイの姿です。
アフリカの砂漠では英軍の馬が使えなかったのか、英騎兵は馬から暑さに強いラクダに乗り換えて戦いました。

キャメル・レジメント(ラクダ連隊)という部隊が編成され、騎兵や騎乗歩兵が従軍しましたが、1884年、第2竜騎兵連隊、すなわちスコッツ・グレイ連隊の一部も、従軍中のラクダ軍団(Camel Corps)のうち“重ラクダ連隊”(Heavy Camel Regiment)の増援兵力として動員され、最前線で苦戦中のゴードン将軍の救援部隊としてスーダン・ハルツームに派遣されました。

しかし、彼らが現地に到着した時にはすでにゴードン将軍はマフディー軍の手にかかり命を落とした後でした…。

モデルは米国HAT社のミニスケール・フィギュア、縮尺1/72の小さなフィギュア・モデルです。
各種ポーズのラクダ騎兵が12騎入ったお得なキットですが…、なにせ小さいw 見えない…。

キャロム社のメタル・スプレーで3騎は“メタル・フィギュア風”仕上げにし、そして頑張って1騎だけフル塗装してみましたが、、、…死にました(笑) 細かすぎて(兵の身長が2.5㎝くらいですから)

でも、スコッツ・グレイ連隊の歴史を再現するモデルとして、私のライフ・ワークの“義務”だと思ってガンバりました。。。

製作記はこちらです。
第1話: https://muuseo.com/miniature-models-bottles/diaries/75
第2話: https://muuseo.com/miniature-models-bottles/diaries/79
第3話: https://muuseo.com/miniature-models-bottles/diaries/80

ジオラマ化の道
その1 https://muuseo.com/miniature-models-bottles/diaries/95
その2 https://muuseo.com/miniature-models-bottles/diaries/96

メタル仕上げのほうもなかなかです。

Default
  • File

    toysoldier

    2020/7/26

    ブラボー!です。

    地獄を掻い潜っただけあって、素晴らしい塗装。まるでキング&カントリー社製のフィギュアですよ!お疲れ様でした!

    ゴードン将軍が待ってますよ!(笑)

    返信する
    • File

      T. S

      2020/7/26

      過分なお褒めの言葉を頂きましてとても恐縮です(^人^)ありがとうございます。
      やっと地獄を抜けました(笑)これで会員認定オッケーです?

      …完成しましたけど、ゴードン将軍には間に合いませんでしたw ナム…

      返信する
    • File

      toysoldier

      2020/7/26

      T.Sさん

      既に名誉会員ですのでご心配なさらずに(笑)
      ガンガン名乗って盛り上げて下さい!塗装すると魅力が増しますね!

      私も良いもの見させて頂いて感謝です。

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/26

      会員番号2番、頑張ります!
      次のキットは慎重に選びます(笑)

      返信する
  • Lion

    toy ambulance

    2020/7/26

    ゴードン将軍
    https://www.youtube.com/watch?time_continue=76&v=MGWPXiSDDAU&feature=emb_logo

    返信する
  • Lion

    toy ambulance

    2020/7/26

    T.Sさんのアイテムはこちらの方が近いですかね?
    https://www.youtube.com/watch?v=2MuNeFPvWag

    返信する
    • File

      toysoldier

      2020/7/26

      さすがtoy ambulanceさん、ドンズバですね!

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/26

      こっちですね笑
      なかなかの映像ですね、こんなのあったの知りませんでした。
      ついでにいろいろと観てしまいました。イサンドルワナの戦いとか、オムドゥルマンとか、、、。

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/26

      マフディ軍の方は馬に乗ってますね。アフリカの馬は暑さでも耐え、イギリスからの馬はダメでラクダにしたのでしょうかね?(説明文の方も少し直しましたm(__)m)

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/26 - 編集済み

      キャメル連隊について少し書きますが、以前は、もともと歩兵を現地のラクダに乗せたので馬でなくラクダなのかと思っていたのですが(そこに騎兵からも増援を入れたのかと)、調べますとスーダン戦役の英軍「ラクダ軍団」(Camel Corps)は4つの連隊から編成され『… four regiments of camel-mounted troops (Guards, Heavy, Light and Mounted Infantry), …』とあり、つまり、近衛騎兵から一隊、重騎兵から一隊、軽騎兵から一隊、そして騎乗歩兵から一隊の4個連隊が編成されたそうなので、やはり元々は馬なのです。

      なので、きっとイギリスの馬はアフリカの気候に合わなかったのかな?と推測しています。

      ラクダ部隊について、あまり日本で手に入る文献もあまり無く英語版のWikipediaでも詳しく出ていなくてよく分からないのですが、手持ちのスコッツグレイミュージアムの簡単な冊子に「スコッツグレイは重ラクダ連隊に…」とあり、重騎兵に分類される竜騎兵だったスコッツグレイがHeavy Camel Regimentに配属されていたことが分かります。

      返信する
    • File

      toysoldier

      2020/7/26

      T.Sさん

      さすがです。
      詳細をありがとうございます。

      馬が気候に合わなかったというのは頷けますね。

      たしかにベドウィン族では馬での活動があっても、それはあくまでアラブの地で生まれ育った馬だからこそ…

      イギリスから遥々連れてこられた、お馬さん達には酷だったのかもですね。

      返信する
    • Lion

      toy ambulance

      2020/7/26

       戦争は人間だけでなく、動物にも過酷な運命を与えます。
       https://www.youtube.com/watch?v=fDcgiWxF5fU

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/27

      前に1/72のWW1スコッツグレイを4騎作ったときは、直前にAmazonプライムで戦火の馬を見たばかりだったので、そのモチベーションで何とか塗り終えることができました(笑)

      英国でもそうなんでしょうが、日本でも全国から徴発した馬や牛はほとんど戦地から帰ってこなかったようですし(靖国神社に軍馬の慰霊碑がありますね。軍用犬のもありました。)、動物にとっても厳しい運命ですね。死ぬと食べられちゃったり。。。

      北海道の馬の産地も、もともとは明治からの軍馬の産地の名残なんでしょうね。

      返信する
    • Lion

      toy ambulance

      2020/7/27

       日本で言うと、かわいがっていた犬が毛皮の為に徴用されたと言った悲劇もあったようです。😭

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/27

      そりゃヒドイ。私も実は愛犬家なので胸が痛みます。。。

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/29

      紹介していただいた映像にもありますが、またこのHAT社の模型にもあるんですが、このラクダ騎兵たちは敵が攻めてくると下馬(下駱駝?)して、乗っていたラクダさんを土のう代わりの盾にして射撃をするんです。
      だから、たぶん大して愛馬(愛駱駝?)には愛情はなく、現地調達の使い捨て乗り物的な扱いだったのかもしれません。
      イギリスから愛馬を連れてきてたらそんなことしないはず。。。
      可哀想なラクダ🐪さんたち…( ´Д`)y

      返信する
    • Lion

      toy ambulance

      2020/7/29

       動物の命と地球環境を粗末にする人類文明を糺すため「三体文明」に救いを求めましょう(笑)

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/29

      その前に、遊星爆弾が降ってきて、更にその前にはコロニー落としもあり、人類も半分以下にされちゃって少し反省するんじゃないでしょうか。。。

      返信する
  • File

    さるら。

    2020/7/27

    素晴らしい仕上がりじゃないですか!
    1/72とは思えません(^^

    ハラショー!

    返信する
    • File

      T. S

      2020/7/27

      いやー、恐縮です。でもそんなにドアップには耐えられませんよ。
      人よりラクダ🐫さんのほうにナゼか気合いが入りました(笑) 鳥取砂丘へGO!

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/29 - 編集済み

      ラクダさんはこの辺にいるようです。。。

      File
      返信する
    • File

      さるら。

      2020/7/29

      最寄りは八木山動物園ですねー( ゚Д゚)

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/29

      うちの最寄りはありません。。。なにが何でも生でラクダさんを見たくなってきました_:(´ཀ`」

      返信する
    • File

      さるら。

      2020/7/30

      エジプトへGo!
      ラクダに乗ってピラミッドを周回するツアーへ!( ゚Д゚)

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/30

      鳥取砂丘でイイです(笑) 

      返信する
    • File

      さるら。

      2020/7/30

      鳥取砂丘も遠いなぁ( ゚Д゚)

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/30

      たしかにw
      遠いのもありますが、こんな情勢で鳥取砂丘すらしばらく行けそうもありませんね。。。

      北アフリカだとエルアラメインとかトブルクとかにも行ってみたいところですが(本物のピラミッドも見てみたい!)、10年前と比べて、コロナ問題の以前に治安が悪くてちょっと行けませんよね。
      中東だと以前に出張でサウジとかUAEに行きましたが、何と言いますか…、我々が異教徒で何となく居心地が悪いといいますか、とても強烈なaway感を感じて「早く帰りてー」と珍しく思ったので、もうしばらく中東方面は「イイです」って感じですネ。。。

      サウジで本物の砂漠を観たので、あとは国内で鳥取砂丘を見れば砂漠的欲求は十分に満たされそうです(笑) 
      あぁラクダ見たい、、、乗りたい、、、w

      返信する
    • File

      さるら。

      2020/7/30

      おおっ、世界を股に掛けるビジネスマンでしたか!

      ボクは海を渡って浦戸諸島くらいしか行ったことありません。あ、九州も行ったことあるか(;゚Д゚)

      ラクダは気まぐれで、言うこと聞かない時は全然聞かないらしいですねー。

      返信する
    • File

      T. S

      2020/7/30

      股にかけるほどでは無いんデス、たま〜に出張で海外にいくくらいでして。。。
      ラクダ〜、、、見たい、乗りたいw

      返信する