FAUST ( Märklin / HO )

0

皆さん、私が“ビール貨車の人”だと忘れてたんじゃないですか?笑  ということで、当ミュージアムの記念すべき総合500アイテム目はコチラです㊗️🎉

ドイツ南部のバイエルン州、その北西端に位置するミルテンベルグ市。その中心はヴュルツブルクにあり、市の北側はテューリンゲン州と、南西側はバーデン=ヴュルテンベルク州と、西側はヘッセン州と接しています。

このミルテンベルグ市にあるのが「ファウスト醸造所」(Bräuhaus Faust KG)です。ミルテンベルクの旧市街の一部である歴史的なブラッククォーターにあります。

この醸造所の歴史は古く、1654年にリエージュ地方(現在のベルギー)出身のVon K. F. Mathieu Servantaine(セルヴァンタイン)氏によって設立されました。
当初は「Löwenbrauerei Miltenberg」(ミルテンベルグのライオン醸造所)と呼ばれていたようで、いまでも醸造所の壁には樽に足をかけた獅子の絵が描かれています。

その後、1825年にG. A. Krug(クリュグ)氏がファウスト醸造所を引き継ぎますが、実は、このクリュグ氏の息子が1849年にアメリカで設立したのがミルウォーキーの「シュリッツ醸造会社」、昨日登録したアメリカ型のビール貨車のアレです。(https://muuseo.com/miniature-models-bottles/items/475

クリュグ氏は、のちに息子のもとに移住することを決意し1850年にミルウォーキーに移住しています。ビールは世界中で繋がっていますね。なんて奥深いビール貨車の世界!

クリュグ氏が去ったのち、1895年、醸造責任者だったヨハン・アダルバート・ファウスト氏が醸造所の唯一の所有者になり、二つの大戦を経て存続したファウスト醸造所は、1993年に社名をLöwenbrauerei Miltenbergから現在の「Bräuhaus Faust」に改名され、2020年以降は、ファウスト家の第4世代にあたるヨハネス・ファウスト氏が経営にあたっているそうです。

Shlitz Beer #1 ( Athern / HO )
米国ウィスコンシン州ミルウォーキーは古くからアメリカのビール醸造の中心地として知られ、数多くのビール製造会社が存在していました。そのうちの一つ、かつては「バドワイザー」を扱う大企業アンハイザー・ブッシュ社とトップ・シェアを争っていたのが、この「シュリッツ」(Schlitz)ビールです。 創業は1849年、ドイツ系アメリカ人のA・クリュグ氏が醸造所を立ち上げ、その後、ドイツからの移民者ヨーゼフ・シュリッツ氏が入社、後にシュリッツ氏が同社を買い取って社名を「Joseph Schlitz Brewing社」に改め、そこからシュリッツ社の発展が始まり、20世紀初頭には全米第3位の規模にまで拡大されました。 1970年代までに全米第2位の地位を保っていたものの、バドワイザー等の競合との激しい競争のなかでシュリッツは原料の質を落とすコストダウンを実施、これが凋落の引き金になったようで、以降、さらにミラー等のライトビールのブームにも押されるなど売り上げは低下、1980年代、大株主が所有株を手放し、紆余曲折の末にビール大手パブスト社の傘下となり、伝統あるシュリッツ・ブランドは缶ビールとして製造されているものの、最終的なマイナス・イメージが尾を引いて、今では「安物ビール」として市場で扱われているようです…。なんか悲しい結末ですね。 HOアメリカ型のビール貨車ですが、品がいいですね。印刷もきれいです。例によって刻印がなくてメーカーがわからなかったのですが、他車と比較して検証したところアサーン製でした。 シュリッツのロゴの下に「THE BEER THAT MADE MILWAUKEE FAMOUS」とあるのは、1871年のシカゴ大火の際、シュリッツ社が避難民に大量のビールを提供、同社のビールが各地に広まるきっかけとなったのですが、そのとき生まれたキャッチコピーが「ミルウォーキーを有名にしたビール」、このフレーズだったのです。
https://muuseo.com/miniature-models-bottles/items/475

Default