103系通勤型電車

0

現在も一部で活躍する103系。加古川線では沿線である西脇市に強く縁をもつアーティスト横尾忠則の作品として『眼のある電車』が登場した。模型は奇抜なデザインの外板を忠実に再現、車内のつり革まで表現できる技術は秀逸。

Default
  • File

    Chikatetu-Kanji

    2018/1/14

    最初見たときはちょっと怖かったです(^^;

    返信する
    • File

      modeltrain

      2018/1/16

      コメントありがとうございます😊今は走ってないんですが、神戸市内の美術館で同じデザインが通路の壁画になっています。やはり少々不気味ですね…^^;

      返信する