1981 Calbee #398 ソレイタ

0

1981年のCalbeeのカード。

「サモアの怪人」とよばれました、トニー・ソレイタ。

前年80年日本ハム入団、いきなり45本塁打。

ただ打率は.239で、「当たれば怖い」状態でしたが。

81年は打率を.300に上げ、44本塁打と108打点で二冠王、敬遠13もリーグトップ。

巨人との日本シリーズでは江川、西本の巨人の二枚看板から本塁打を放っています。

Default