Topps Archives #62 Terry Catledge

0

NBAのスター選手のルーキー時代をカード化したシリーズ、WASやORLで活躍しました、テリー・キャトリッジです。

85年、ドラフト1巡21位指名でPHIに入団しますが、1シーズンでWASにトレード。

WASでは2年連続でプレーオフに出場しますが、2回ともファーストラウンドで「バッドボーイズ」のDETに敗れています。

89年、エクスパンションドラフトで指名されて新設ORLに移籍。

ちなみに「シャック」ことシャキール・オニールがORLで背番号「32」でプレーしていましたが、これはキャトリッジが「33」でプレーしていたからなんですね。

シャックは大学まで「33」でしたが、LAレイカーズでもアブドゥルジャバーの永久欠番とのことで、NBAで「33」でプレーしたのはCLE時代の1シーズンのみなんですね。

いや、これをキャトリッジとせいと言うつもりはないですけどね…

Default