THE HERD / PARDDISE LOST

0

TL5458
1968, UK FONTANA Org.

HUMBLE PIEへの道。
イケメン揃いのTHE HERDでアイドル視されてていたのを悩んでいたP. Frampton氏。悩みすぎてハゲたかどうかは知りませんが、マリオットに相談(後のハゲ仲間)、マリオットはフランプトンにSmall Faces加入を持ちかけます。

この話は他のメンバーの反対に会い、その頃ちょうどバンドを辞めていた(のかな?)なGreg Ridley(ex SPOOKY TOOTH)とJerry Shirley(ex The Apostolic Intervention)をマリオットはフランプトンに紹介。

3人は意気投合し、新たなバンド活動を開始。
そこに紹介した張本人、マリオットが加わり、HUMBLE PIEが誕生。となります。

マリオットに脱退されて困ったメンバーは、フランプトンにSMALL FACESにやっぱ来ないか?と声をかけたそう…その時にはもう、マリオットとフランプトンは合流していたと言う悲劇なのか喜劇なのか。

て話は置いといて、THE HERD
アイドル視されて嫌気が…と言うけど、音は決してティーニーボッパー向けの音でもなく、JAZZやクラッシックを正面切って取り込もうとしている音。

別にプログレが好きでも何でもないですが、高度な演奏力も圧倒的な熱量も緻密なアンサンブルも感じないので、音的にはイマイチ面白くないのも事実。

そんなこんなで、ハンブルパイへと続く道の源流の一つ。THE HERDの唯一作がこれ。

#theherd #peterframpton #humblepie
これまたお約束のビートクラブ
リード曲はジャズっぽいのはイントロだけで、中身はポップサイケ。まぁ、映像を見るとアイドルだわ…
https://youtu.be/p5HZKDQzeLU

Default
  • File

    NiCky_Custom

    2021/5/19 - 編集済み

    こんにちは、お久しぶりです
    まだフランプトンも齢18なので可愛らしくとも別に変ではないと思いますよ。
    アイドル性と共にアーティスト性もしっかり備えているように感じます。

    返信する
    • File

      Naokeith

      2021/5/19

      ご無沙汰しています!コメントありがとうございます☆
      HERDに関しては個人的にはイマイチピンと来ませんでした…

      あくまでも個人の感想です(笑)
      気分を害されたならホントごめんなさい🙏
      口が基本悪くて…😅💦

      返信する
    • File

      NiCky_Custom

      2021/5/19

      いえいえ、お気になさらずに🤗
      私も個人的な見解で申したまでです😅

      返信する
    • File

      Naokeith

      2021/5/19

      色んな意見や好みがあるから楽しい。と、思っていただければ幸いです😊🎉

      返信する