PRIMAL SCREAM / RIOT CITY BLUES

1

82876831651
2006, COLUMBIA / SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENT EU PRESS

プライマル版"メインストリートのならず者"がRIOT CITY BLUESだと今さらながらに思う。

ブルーズ、ロックンロール、カントリー、パンクをごった煮にして多少生煮えでも豪快に盛りつけた感じ。

但し、ストーンズほどの深みは無い。
はなから深くないプライマルはその辺が上手い。
サイバーパンク3部作でハードな最早音楽では無い所まで突っ走っての本作。

生煮えでも味が染みてなくても、過去3作から地続きで聴く耳からすると、ルーツ音楽への回帰がすごく「深く」見える(笑)

ただ、もう発売から15年以上経ち、フラットな耳で聴くと、やっぱり好きなもの・ことの上澄みをちょいちょいと楽しみました的な軽さを感じる。それこそがプライマル。

とはいえ、デリカからのGive Out But Don't Give Upはストーンズのコスプレ感が強すぎて、深みのなさはこのアルバムと比べると桁違い。(大好きなんだけどね)それに比べればやっばり血肉になっている感じはたしかにある。

繰り返しになるけど、例の3作からのこのアルバムは10年待たされたと言う「ゲタ」を履いているとはいえ、Give Outのコスプレ感から多少進んで、ストーンズの精神の継承を自然と意識している感じはする。

ジャムセッションで曲を固めた形跡が残っていたり、好きなものをアホみたいに陳列してみたり…
南部行ってジミーミラーやらトムダウドにプロデュースさせただけじゃ得られない「なにか」がこのアルバムにはある「気がする」
ま、気がするだけですが(笑)

なんやかんやいっても、エクスターミネーターが最高傑作な人こそプライマルのファンなんでしょうけど、僕はRIOT CITY BLUESが一番好きなアルバムです。

#primalscream #聴かずに死ねるか #聴いてから死ね
ROCKSもフルチンなタイトルですが、SUICIDE SALLY & JOHNNY GUITARて…(笑)プライマルにしか許されないと思います。バカ←褒め言葉
https://youtu.be/Ww_ExbS1vTc

Default
  • File

    Naokeith

    2021/6/16

    なんやかんやゆーても、SUICIDE JOHNNYからのWHEN THE BOMB DROPSの流れは鳥肌が立つくらいにカッコいい。これには抗えない
    https://youtu.be/rGxxb8Z9JQ4

    返信する