地球の静止する日~クラートゥ&ゴート

0

キアヌ・リーブス主演で「地球“が”静止する日」としてリメイクされた本作。1951年制作・名匠ロバート・ワイズによるSF映画のマスターピース的位置付けの作品に登場した宇宙人のクラートゥと従者のロボット、ゴートです。

クラートゥは頭部のみ肌色形成なので塗装は楽。作例ではソフビの地を活かしたままです。いやもう、さすがビリケン商会、演者であるマイケル・レニーそっくりで。本来宇宙服は青みがかったシルバーなんですが、この後思い違いでパープル系に塗ってしまい目下再塗装に向け数年寝かしておりますw 

ゴートのデザインは機械的な部分を排除した洗練されたもので、当時としては画期的なものだったでしょう。こちらはくすんだシルバーを筆塗りし若干の墨入れだけに留めてます。

御主人と従者が並んだ画像は誤って消去…。ちなみに原作ではゴートの方が御主人様だったというどんでん返しがあるとか。

米国アモクタイム社製の同サイズのアクション・フィギュアも販売されてましたね。

〈追記〉
二体の大きさ対比用に、塗装の色を失敗したバージョンの画像も付け加えときます。どうぞ笑ってやって下さいまし…。 

#宇宙人

Default
  • File

    f31l700smgl

    2022/5/7 - 編集済み

    外での撮影は、実際にそこまで歩いてきた感があっていいですね。
    「いやぁ~キャシー、待ったかい?」
    「もう、ボブったら。あなたいつもその服ね。」
    …って、聞こえてきそうなリアル感(笑)。

    返信する
    • File

      オマハルゲ

      2022/5/7

      30㎝のフィギュアなので室内より外で撮った方がリアルに写ります。
      ただ、他人が見たら完全に不審者ですねw

      返信する