黄金水晶Ⅱ キャッツアイ

0

GOLDEN RUTILE QUARTZ Ⅱ
ブラジル産

水晶の中に針状の金色ルチルが成長している
自然の神秘を感じさせる魅力的な結晶

カットする方向や、インクルの取り込み方、
色んな表情で楽しませてくれるのも
この石の特徴ですよね。

Default
  • File

    Fortune Lens

    2020/12/7

    ガラスは、どうやって磨くのでしょうか?

    カメラのオリジナルレンズを作りたいので、
    ガラスから、磨きをかけてレンズを作りたいです。

    返信する
    • File

      Peak2

      2020/12/7

      おー!
      レアな旋盤をレビューされてた!
      フォーチュン レンズさん!ようこそ! 
      レンズを磨くなんて、新たな世界だなー! 

      返信する
    • File

      Peak2

      2020/12/7

      ファセットともカボションとも違う技術が必要なんでしょうね

      返信する
    • File

      Fortune Lens

      2020/12/7

      以前、ファセットとカボションの意味が分からないので調べました。

      何故、キャッツアイなのか?
      今年の春、20年ぐらい一緒にいた愛猫が他界してしまい、
      今、写真を参考にフェルトでぬいぐるみを作っています。
      最後に、目を入れて上げるのにガラスを溶かして、
      目を作って上げようと思っています。

      昔、ステンドクラスの製作していたので、
      ガラスを溶かす道具はあるのですが、
      磨き方が分からず、そこで、カボションを知ったわけです。

      レンズの製作は、多分、何年か後のことでしょう……

      返信する
    • File

      Peak2

      2020/12/8

      なるほど、光学機器のレンズでなく
      お人形の目でしたら
      手磨きのカボションでも実現できそうですね^^

      ガラスを含めた鉱物の磨きの基本は
      →鑢の砥粒を少しづつ細かく変えながら 
      磨きを繰り返すという説明になりますが

      一番最後の磨きはポリッシングパウダー
      と言われるような研磨剤を使って仕上げます

      ガラスの場合は→酸化セリウムが良いとかって
      聞いたりしますね↑この辺は
      物理的な研磨だけでなく表面の化学反応的な
      効果も併用しているって話ですよ

      研磨の世界は深いですね

      返信する
    • File

      Fortune Lens

      2020/12/8 - 編集済み

      ガラスを含め鉱物は、ポリッシングパウダーで磨くのですね!今度、探してみます。この間、新潟県の三条市で、ステンレスの磨き方、職人さんから講習して頂きました。パウダーを布に付けて、ひたすら磨くのだそうです。ガラスを磨くのは、他の方法があるのかと思いましたが、レンズのカビ取り、曇り取りは、酸化セリウムで磨いています。余り磨くと、光学系が変わってしまうので厄介です。何の世界でも、奥が深くて面白いですね!

      返信する