[パイセン食玩] 怪獣大決戦 第24弾 No.195 パンドンB

0

不二家 ウルトラ怪獣大決戦
第24弾
刻印No.1967
パンドン[B]

1967番って・・・なんなのよ~?
って不思議でしたが

不二家 怪獣消しゴムの一番 最後の弾で、
通し番号が失われてしまった時代のものだったんですね

第8弾に登場したパンドン[A]とも
ちょっと似てますが、、明らかに 別の型ですね
比べると ちょっとシャープな造形?

2回も造形されるなんて、やっぱり
重要な怪獣だって証拠でしょうねー☆

//////////////

レイレイ・キャンディレッドで塗ったベースカラーを
なるべく活かすようにして、最後まで仕上げました

強いテーマカラーのおかげで、
また1つ個性的な色バランスが作れたかなーーって
満足

さぁ、手に入れた怪獣消しゴムも残りあと数個!!
この調子で走り切りますよー

Default
  • File

    Reirei Paint Art

    2021/2/16

    これはやられました〜👏
    真似していいですか?😆

    パンドンの右側あたりを中心に違うカラーをさして、反対色の緑を最後に少しだけ。
    他の仲間とメタのグラデは共通。
    むしろグラデ加減は抑え気味(でしょうか?)
    なのに存在感すごい。
    パンドンの造形ありき、か。
    いやいや、配色と塗装力でしょう✊

    真似していいですか?笑😁😁😁

    返信する
    • File

      Peak2

      2021/2/16

      レイレイさん
      コメントありがとうございます
      なんか写真見づらいですね^^;汗 我ながら

      実はレイレイ・キャンディレッドをベースカラーとして
      +プラス
      レイレイ・サボテンダーの刺に触発された
      おかげでこの作品が誕生した経緯があります

      正直言うと、その前までは
      ベースを残してどうやってインパクト出すか?
      まいどお馴染み→迷走状態に陥っていました

      つまり^^レイレイさんあってこそ
      出来た作品ともいえますねー☆

      小さい刺ですが→これをグラデ表現の好所と捉えて
      丁寧に塗ってけば良いのか!!!
      という気付きをあたえてもらいましたね

      更に正直に言うと、、
      203→216→205
      75→212→213 で塗り分けたつもりなんですが、
      レイレイさんのように上手に行ってないのが
      拡大するとバレちゃいますね^^
      あまり急がず もっと丁寧に塗らないとな。。。

      返信する
    • File

      Reirei Paint Art

      2021/2/16

      なるほど!
      サボテンの棘はパンドンに通じる…か。
      似てますが、筆とか塗り方は異なるかな?と思ってます。
      サボテンは1列ずつ真っ直ぐなので筆の向きを固定しやすいですが、パンドンは凸部の向きがバラバラ。
      一方向に筆を動かすととなりの凸部に変な跡が残りやすいので、くるくるするイメージでほんとに少しずつ乗せると良いのかな?という感覚です、わたしの場合。
      この、ちょこっとだけグラデにする、というのも、パンドンのこの造形だから出来ること、なのかなぁ〜、と改めて思いました。
      またパンドンの回、観たくなりました(^o^)

      返信する