『ヒトラー~最期の12日間~』ブルーレイ

0

2004年ドイツ・オーストリア・イタリア合作。
オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督作品。
ブルーノ・ガンツ主演。

2004年に公開され、とても話題になったヒトラー映画のBD版。
ヒトラーを演じるブルーノ・ガンツの吹き替えが大塚周夫さん。
映画も大変面白いのですが、大塚周夫の仕事としては、集大成的作品と思っています。
DVD版ではセリフと環境音の音量差が激しかったのですが(セリフを聞こうとボリュームを上げておくと、砲撃シーンでびっくりするくらい)、BDでは若干修正されているので、視聴購入はBDですることをお勧め。

ふきカエルのインタビューによると、音響監督の佐藤敏夫さんは「この役は、大塚周夫にやってほしい」とキャスティングしたらしい。
大塚周夫さんも、オーディションが嫌いだと公言していましたが、もちろんそれはディレクター側の信頼が無ければ成立しないはず。
ぜひとも、吹き替えでも鑑賞して欲しい作品です。

2019年2月、ブルーノ・ガンツ氏も亡くなられました。
役者として、こういう作品を残せるということは、大変幸福なことだったと思います。

Default
  • File

    オマハルゲ

    2018/10/22

    こちらはネタになっているMADのデタラメ字幕でしか見てません。今度じっくり鑑賞したいものです。

    返信する
    • File

      qqtys

      2018/10/22

      映画本編は陰鬱でシリアスです。ブルーノ・ガンツの芝居は鬼気迫るものがありますが、是非吹き替えでもご鑑賞いただきたい作品です。

      返信する
    • File

      オマハルゲ

      2019/2/18

      ブルーノ・ガンツ氏が亡くなられましたね。
      ご冥福を祈りたいと思います。

      返信する
    • File

      qqtys

      2019/2/18

      アルバート・フィニーも亡くなって、大塚さんが声をあてていた役者もどんどん彼岸へ渡っていきます。寂しいことです。

      返信する