アサシン・ドロイドBT-1

1

BT-1は”BT”とも呼ばれ、小説版の「Star Wars: Doctor Aphra」に登場したキャラクターで、ウィルハフ・ターキン総督の指示で開発されたアサシン・ドロイドです。
アストロメク・ドロイドの機能も備えていますが、あくまで暗殺目的で製造され、開発直後にはターキンのスタッフたちを殺害して、基地を破壊しました。その後、過去の兵器遺物の再起動を宇宙中で行っていた考古学者チェリ・ローナ・アフラがBT-1を回収しました。その後、アフラは、同じくターキンに開発された殺人プロトコル・ドロイド、0-0-0を復活させ、0-0-0とBT-1は、ドクター・アフラやシス卿ダース・ヴェイダーのために働くことになりました。こちらは、Ebayで見つけたカスタムフィグです。ドクターアフラや0-0-0とセットになっています。

Default
  • File

    ace

    2019/4/30

    ドロイドがこうなると途端に怖くなりますね...( ゚д゚)
    https://www.youtube.com/watch?v=ob25XBsyR94

    返信する
    • File

      realminiature

      2019/4/30

      おお、参考情報ありがとうございます!!

      返信する