製作記:デスラー三段空母 その2。

初版 2020/05/20 08:17

改訂 2020/05/20 11:58

昨日は結構な雨降りのおかげで、あちらこちらで雨漏りやら吹き込みによる漏水が発生……天手古舞な1日でした。

帰りも遅くなったので、今朝、少し早起きして進めてきました。

ベースカラーは3枚塗り重ねました。

乾燥したところで、珍しくマスキング。甲板の白線を引きます。

スカルホワイトを薄めに乗せておきます。乾燥を待つ間に、できるところを進めておきます。

本体後方下部につくパーツ。接着面がデコボコなので均しておきます。翼のパーツも小さい……

翼パーツを接着。右の先端にゲートがわずかに残ってますね……乾燥したら忘れずに修正します。角度は適度に適当です(笑

スカルホワイトをもう1枚重ねたところでタイムアップ。

今朝はここまででございます。


完成イメージがまだつきませんが、フィギュアペイントの基本通り、ベースカラー⇒シェイド⇒レイヤー⇒ハイライト、で塗ってみたいと思います。

……仕上がるのでしょうか(笑



#組み立て

#ペイント

#プラモデル

#宇宙戦艦ヤマト

#三段空母

アナログゲームの世界で生き続けて、早数十年。
ドイツを中心とした世界のボードゲーム、カードゲームなどなどを公開していきたいと思います……と始めましたが、現在、よくわからないMuseumとなっています💀
2021年4月、Twitter開始。積極的につぶやかないと思いますけど。

Default
  • File

    nocturnalclan

    2020/05/20

    そう言えば「加賀」も1930年~1934年まで
    三段空母だったんですよね・・・・

    File
    返信する
  • File

    さるら。

    2020/05/20

    航空母艦と機動部隊の優位性は真珠湾ではっきりしたはずなんですけどねー。
    大艦巨砲主義を捨てきれなかった日本海軍。

    ……戦艦大和はカッコいいけどさ(笑

    返信する
  • Ee2cw67n

    だいちゃん

    2020/05/20

    真珠湾でドックとタンクを潰していれば、歴史は変わってましたかね。紺碧の艦隊ファンなんで。

    返信する
    • File

      さるら。

      2020/05/20

      多少の経過は変わったかもしれませんが、結果は大同小異かも……

      紺碧の艦隊……架空戦記物は、カバー範囲外ですぅ(^^;スイマセン...

      返信する