【ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還VISUAL COMPANION】

0

最後に指輪はどうなるのか。
そしてフロドの運命は――。

本書でしか見ることのできない写真で物語のすべてを綴る、唯一の公式ガイド。

   *     *

映画の公開に合わせて順次発刊されたビジュアルガイドブックのシリーズです。
本書は『王の帰還』の公開時に発刊された平成16年(2004年)の初版本。
前2作と合わせて3冊まとめて購入したものになります。

前作『二つの塔』と同様に順を追ってストーリーがまとめられていますが、映画では語られなかった部分や説明されなかった背景などを原作からの引用で補完しており、良い構成になっています。

劇場版ではオルサンクにおけるサルマンの最期が描かれず、怒ったクリストファー・リーは一切プロモーションしなかったそうです。
スペシャルエクステンデッド版では、オルサンクの頂上からセオデン王やガンダルフらと交渉を行なうも失敗し、壮絶な最期を遂げる場面が追加されました。
……ってこれは映画の話で、本書の展示解説ではありませんね😅

最終巻となる本書ですが、何と!
帯の「最後に指輪はどうなるのか」に答えを出すことなく、フロドとサムが『滅びの罅裂』に向かうところで終わっています。
……映画観る前のネタバレを嫌っての編集でしょうかね😅😅

『王の帰還』、館主は観るたびに泣きっぱなしです😭😭

#指輪物語
#旅の仲間
#ロード・オブ・ザ・リングとは言わない
#トールキン

https://muuseo.com/sarura_004/items/1382
https://muuseo.com/sarura_004/items/1383

【ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間VISUAL COMPANION】
指輪って何? ホビットって誰? 今からでも間に合うストーリー丸わかり。 「王の帰還」を見る前に、旅のすべての始まりをしっかりおさらいしよう!    *     * 映画の公開に合わせて順次発刊されたビジュアルガイドブックのシリーズです。 本書は『旅の仲間』の公開時に発刊された平成14年(2002年)の初版本ですが、館主は『王の帰還』の頃に『二つの塔』と合わせて3冊まとめて買ったため、帯が2004年の『王の帰還』公開に合わせたものとなっています。 「指輪物語沼においては、映画版はくるぶし~」などと発言しているため、アンチ映画派と思われてるかもしれませんが😅、映画版も原作と同じくらいに愛してやまない作品です😆😆 ……とはいえ『ロード・オブ・ザ・リング』の邦題は無いと思いますけど😣 本書では、主要な登場人物とその種族について、原作をベースとして解説されているため、映画では触れられていなかったり、深掘りされていない部分がわかる非常に丁寧な構成になっています。 原作からの引用も随所にちりばめられており、映画のみならず原作への足掛かりにもなるでしょう。 多くのキャストがほぼ原作のイメージにピッタリくる配役でしたが、何と言っても『白のサルマン』のクリストファー・リーがハマり過ぎ!🤣🤣🤣 本作「旅の仲間」においては、カラズラスの峠を行く指輪の仲間一行に対して、オルサンクの塔頂から朗々と呪文を詠唱する姿がゾクゾクするくらいに美しい! 「見る石・パランティア」にかざす長い指とその手つきも、何とも言えず麗しいのです…… 原作とは違う構成で映画『旅の仲間』は終わりますが、物語の区切りも良く、大いに続きが気になる良い終わり方だったと思います。 #指輪物語 #旅の仲間 #ロード・オブ・ザ・リングとは言わない #トールキン https://muuseo.com/sarura_004/items/1383 https://muuseo.com/sarura_004/items/1384
https://muuseo.com/sarura_004/items/1382
【ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔VISUAL COMPANION】
「本書は素晴らしい作品だ――」 ヴィゴ・モーテンセンによる序文を収録! “ヘルム峡谷の戦い”のオリジナル戦略地図をはじめ、「二つの塔」の旅の道程を徹底再現。    *     * 映画の公開に合わせて順次発刊されたビジュアルガイドブックのシリーズです。 本書は『二つの塔』の公開時に発刊された平成15年(2003年)の初版本ですが、館主は『王の帰還』の頃に『旅の仲間』と合わせて3冊まとめて買ったため、帯が2004年の『王の帰還』公開に合わせたものとなっています。 前書【旅の仲間】が、主要な登場人物をメインに解説する構成だったのに対して、本書は分岐していく物語を追えるように、新たな登場人物と国や土地の解説とストーリーを主に構成されています。 冒頭には当時の世界情勢と指輪物語を対比しながらの、少々説教臭い(すいません😅)、アラゴルン役ヴィゴ・モーテンセンの序文が寄せられています。 ヴィゴ・モーテンセン、アラゴルンの配役の話が来た当時、『指輪物語』は読んでいなかったそうですが、息子さんが大の指輪物語ファンで、彼と相談して役を引き受けることにしたとのこと。 映画『二つの塔』の序盤、メリーとピピンを連れ去ったウルク=ハイたちを、ローハンの騎士たちが殲滅したことを知り、ふたりも巻き添えになったと思って、オークの兜を蹴り飛ばすシーンがありますが、何度かやり直しをした末、足の指を骨折。痛みに声をあげたテイクが本番採用されたそうです😅 三部作の中間作となると、前後のつなぎとして中途半端な終わり方になりがちですが、本作品はしっかりと、分岐した物語それぞれに決着をつけた上で次につながるものとなっています……って、本書の展示解説か映画の解説かわからなくなってますね😅😅 #指輪物語 #旅の仲間 #ロード・オブ・ザ・リングとは言わない #トールキン https://muuseo.com/sarura_004/items/1382 https://muuseo.com/sarura_004/items/1384
https://muuseo.com/sarura_004/items/1383

Default
  • File

    利右衛門

    2021/8/24 - 編集済み

    王の帰還は涙腺崩壊です😭💕
    映画館でこれを見た時、この物語の終焉を映像で味わう事が出来た事が何より嬉しかったです。

    …って、やっぱり映画の感想になっちゃいますね😅💦

    返信する
    • File

      さるら。

      2021/8/25

      泣きっぱなしなのは激しく同意😭
      映画館ではスペシャルエクステンデッド版も観賞したので、なおさら素晴らしかった😭😭

      返信する
    • File

      利右衛門

      2021/8/25

      王の帰還だけでもさるら。さんと一緒に鑑賞したいなぁ🎵

      返信する
    • File

      さるら。

      2021/8/25

      いやいや、『旅の仲間』からお付き合いしますよ😊

      なんなら『ホビット:思いがけない冒険』からでも😆😆

      返信する
    • File

      利右衛門

      2021/8/25

      そんな事仰ったら、コロナ落ち着き次第
      DVD片手に日帰りで押しかけるかも知れませんよ!(笑)

      返信する
    • File

      さるら。

      2021/8/25

      コロナ明けには上映会とかやりたいですね😊

      『指輪物語 ~映画とボードゲームを楽しむ会~』とか😆😆

      返信する
    • File

      利右衛門

      2021/8/25

      おおおおおおおおおー🤩🤩🤩

      返信する
  • File

    塚原ユズル

    2021/8/25 - 編集済み

    実はエクステンデッド版を所有しております👍

    File
    返信する
    • File

      利右衛門

      2021/8/25

      おおおおおおおおおー!👏👏👏🤩

      返信する
    • File

      さるら。

      2021/8/25

      さすが、押さえるべきは押さえてますね!😆

      返信する