【ウォーバンド モルグワースの魔女団】

0

戦闘中心でも、目標物確保中心でも、どちらの戦略・戦術にも柔軟に対応できる万能型のウォーバンド【モルグワースの魔女団】です。
撮影ボックスが狭くて“密”になってますね……いずれ撮影し直します。

蛇身のカイラエや黄金仮面をかぶったカミスなど、その造形デザインも素敵です……が、ペイントの仕上がりはバラつきがありますね😫
人肌の表現と瞳の入れ方はまだまだ修行が必要です……

以下、公式サイトより。

“血塗られし”モルグワースと殺戮を欲する彼女の配下の戦士たちは、モラスィに命じられ、隠されしカインの欠片を探索するためビーストグレイヴにやってきた。
彼女らは、影の道によってこの山まで導かれると、探し求める物が間近にあるとただちに悟った。
さもなくば、ビーストグレイヴの巨石的深みに満ちた殺戮の兆候と剣戟の残響を説明することなどできぬではないか。
だが、実際のところ、この一行の探索行は空振りに終わることが約束されたものだった。
モラスィは、この山中に欠片など隠されていないことを知っていた。
モルグワースは、主に公に疑問を呈したため、罰としてビーストグレイヴに送り込まれたのである。だが、この懲罰は、このハグクィーンに相応とは言い難いものでもあった。
カインの剣士たちは、山中の太古の殿堂の中で、殺しの神に捧げる生贄を数多見出した。
そして、その献身は、彼女らにビーストグレイヴの魔の手を逃れるすべを与えてくれるかもしれない。

#フィギュア
#ボードゲームフィギュア
#ウォーハンマー

https://muuseo.com/sarura_004/items/1404
https://muuseo.com/sarura_004/items/1459
https://muuseo.com/sarura_004/items/1461
https://muuseo.com/sarura_004/items/1462
https://muuseo.com/sarura_004/items/1463

【“血塗られし”モルグワース】 モルグワースの魔女団
ウォーバンド『モルグワースの魔女団』のリーダーユニット【“血塗られし”モルグワース】です。 『モルグワースの魔女団』では最後に仕上げた一体。 やはり人肌の表現が難しい……しかも、正面を見据えるべき視線がわずかに左にそれてしまい、正面から見るべき造形なのに、そこだけ残念な結果に😫 赤が鮮やかなドレスの表現は良かったと思うのですが…… ユニットとしては、若干の撃たれ弱さはあるもののオールマイティといえるバランスを持っているので、うまく距離を取った攻撃・目標物確保と強化カードによる支援で活躍できるでしょう。 ウォーバンド全体としても、バランスの取れた扱いやすいユニットが多いような印象です。 瞳の視線が、返す返すも残念……そのうち手直し修正するかも。 ペイント記はこちら。 https://muuseo.com/sarura_004/diaries/810 #フィギュア #ボードゲームフィギュア #ウォーハンマー
https://muuseo.com/sarura_004/items/1404
【カミス】 モルグワースの魔女団
ウォーバンド『モルグワースの魔女団』の中でも、ひときわ目を引く【カミス】です。 長大なウィップを振りかざし、全身に張り詰めた筋肉が感じられる躍動感が素晴らしい造形です。 特徴的な黄金仮面の下はかなりの美人さん……などと妄想しつつ仕上げた一体。 しかしながら、人肌の表現にはまだまだ課題が多いと感じるウォーバンドでした。 ゲーム的には、ウィップの攻撃に続くコンボで左腕の「刃盾」による追加攻撃、という能力を持っていますが、そのためには敵ユニットと隣接せねばならず。如何せん生命力が2点しかないので非常にリスキー。 なので、離れた位置からウィップで味方を援護し、トドメの一撃でコンボを繰り出すのが戦術になるでしょうか。 ペイント記はこちら。 https://muuseo.com/sarura_004/diaries/802 #フィギュア #ボードゲームフィギュア #ウォーハンマー
https://muuseo.com/sarura_004/items/1459
【カイラエ】 モルグワースの魔女団
カミスに続いて、その造形が目を引く半蛇身の美女【カイラエ】です。 その『心臓探しの弓』を手に、静かに這い寄り、次の獲物を狙うように視線を転じた姿をイメージしてペイントしてみました。 肌の色が青味かかっているのは、ストップモーションの神様・ハリーハウゼンによる映画『タイタンの戦い』に登場したメデューサを意識したものです😊 蛇身の方は、熱帯性の蛇を数種ミックスした感じを参考に鱗を塗り分けました。 その弓を活かした遠距離攻撃は、4ヘクスもの射程を持ち命中確率も高いものがありますが、与えるダメージ(1点)の面で少し使い時を選びます。 接近してくる敵を遠距離から攻撃しつつ、近接して戦う仲間を援護し、狙いすました一撃でとどめを刺す感じでしょうか。 ちょっと写真の写りが悪いので、こちらは後で差し替えたいと思います。 ※差し替えましたが、あまり変わらないかも……写真のセンスゼロです😅 ペイント記はこちら。 https://muuseo.com/sarura_004/diaries/758 #フィギュア #ボードゲームフィギュア #ウォーハンマー
https://muuseo.com/sarura_004/items/1461
【キルッサ】 モルグワースの魔女団
生贄のナイフ二刀流で敵を睨みつける表情が素晴らしい、【キルッサ】です。 人肌の表現に試行錯誤した、反省すべき点が多く見受けられます……もう少し丁寧さが必要ですね😅 造形は表情といい、張り詰めた筋肉を感じるポーズといい、シタデルフィギュアらしさが溢れています。 他の魔女たち同様、生命力が低く扱いには慎重さが必要ですが、移動力を活かした戦術・目標物確保が中心となるでしょうか。攻撃は比較的成功率が高く、クリティカルヒットで追加ダメージを得ることができますが、不用意に接敵するのは避けるべきでしょう。 ペイント記はこちら。 https://muuseo.com/sarura_004/diaries/752 #フィギュア #ボードゲームフィギュア #ウォーハンマー
https://muuseo.com/sarura_004/items/1462
【レズィール】 モルグワースの魔女団
キルッサ同様、生贄のナイフを二刀流で構える【レズィール】。 くちびるに紅を入れてないだけで、表情の印象が変わりますねー。 キルッサの妹という脳内設定でペイントしましたが、まあ人肌の課題は相変わらず……成長の跡が見られませんね😅 能力値はキルッサと同じですが、クリティカルヒットによる追加ダメージの能力がない分、ユニットとしてはわずかに劣ります。『奮起』することで、追加ダメージの能力を得ますが、元のダメージが小さいので積極的な戦闘は控えた方が良いかもしれません。 他の味方ユニットとの連携は不可欠となるでしょう。 ペイント記はこちら。 https://muuseo.com/sarura_004/diaries/797 #フィギュア #ボードゲームフィギュア #ウォーハンマー
https://muuseo.com/sarura_004/items/1463

Default