【アメリカ・カブトガニ 脱皮殻標本】

0

かつて自宅で飼育していた『アメリカ・カブトガニ』。
飼育環境下で2度脱皮しましたが、3度目の脱皮に失敗し逝かせてしまいました😫
長期飼育は難しいとは理解しており、かなり気を使って環境を整えていたつもりでしたが、脱皮ばかりは手伝ってやることもできず。

その2度の脱皮時の抜け殻を乾燥させ、透明樹脂でコーティングして標本化したものがこちらの展示になります。
ご覧の通り、脱皮することで身体が膨張するように大きくなることがわかります。
小さい方の脱皮殻が飼育を始めた際のサイズ感で、脱皮したことで大きい方のサイズへと成長したことになります。なので、3度目の脱皮に臨んだ際はこれよりも大きかったことになりますね。

裏側の脚部も一本一本がキレイに抜けています。ちなみに脚の付根にあたる部分がカブトガニの口になります。
多脚で海底を掘り返してゴカイや貝、エビなどを食べています。
背甲にある目は、左右の複眼と中心線にある単眼。

古生代からほとんど姿を変えずに生きてきた『生きた化石』の代表的種でもあります。

#生きた化石
#標本
#カブトガニ

Default
  • File

    woodstein

    2021/11/2 - 編集済み

     確かにレア度が星4つというのも納得できます。

    返信する
    • File

      さるら。

      2021/11/2

      ありがとうございます。
      カブトガニは、脱皮殻を自ら食べる習性が無いようなので、標本として保存することができました。

      エビやカニ、ザリガニなどは脱皮殻を食べてカルシウムを再吸収する種類が多いので。

      甲殻類と鋏角類の違い、なんでしょうかね。

      返信する
  • File

    リリアソー

    2022/5/28 - 編集済み

    すごく生命の神秘を感じます🧬

    カブトガニ君もこうしていつまでも覚えてもらえていて、ある意味幸せなのかもしれませんね…🦀

    返信する
    • File

      さるら。

      2022/5/28

      ありがとうございまーす😊

      もう一度飼育したいと思う一方、この標本でも満足かなぁとも。
      長期飼育は難しいし、大きくなりますしね。

      返信する
  • File

    kinggidoko

    2022/5/28 - 編集済み

    アメリカにもカブトガニっているんですね。岡山県笠岡市が有名ですよね。

    返信する
    • File

      さるら。

      2022/5/29

      ありがとうございます。
      日本のカブトガニが、種としては最大になります。
      アメリカカブトガニは、少し小ぶり。それでも全長50センチくらいにはなりますけど😁
      他にもアジア各地に数種が棲息していますね。

      返信する
    • File

      kinggidoko

      2022/5/29

      アメリカ産なので日本の天然記念物ではないんですよね。

      返信する
    • File

      さるら。

      2022/5/29

      そうですね😅
      日本のカブトガニも、天然記念物指定は岡山県笠岡市の繁殖地になるので、他の地域のものは指定から外れますね。
      地域によっては食用にするみたいです。
      美味しくはないらしいですが😅

      返信する
  • File

    Reirei Paint Art

    2022/5/29 - 編集済み

    飼っていらした、にまず驚き、標本自作、に二度驚きました😵👏尊敬~

    返信する
    • File

      さるら。

      2022/5/29

      ありがとうございます☺️
      単身赴任時に飼育始めたのですが、赴任明けに連れ帰るのが大変でした😁

      個人環境では、長く飼育できた方だと思います。

      返信する
  • File

    tatsutoy

    2022/5/29 - 編集済み

    まさに「生きた化石」ですね。画像下は、イギリス石炭紀(3億-3億5千万年前)のカブトガニのご先祖様の化石ですが何となく特徴は似ていますね。

    画像上は、さるら。館長ご専門のシタデルモデル、「スケルトン(1985年)」です。本体がホワイトメタル製に加え、楯がプラスチック、おまけに台座が四角ではなく、ヘックスなのが郷愁を誘います…。シタデル社が体系的なカタログを発行する前のCシリーズと呼ばれるものです。

    File
    返信する
    • File

      さるら。

      2022/5/30

      ありがとうございます😊
      1985年のスケルトンというと、シタデル社がまだゲームズワークショップ傘下に入る前のモデル……でしょうか?
      これはレアなものをお持ちで😆

      化石も特徴がよく残されていますね👍

      返信する
  • File

    fanta

    2022/5/29 - 編集済み

    脱皮した殻とは思えず、本体のような😲

    タカアシガニだったか、
    カニも脱皮すると改めて知ったのがわりと最近w😅
    カブトガニの造形は古代を思わせて魅力です。
    (裏返すと、苦手な蜘蛛みたいでなんですが😁💧)

    返信する
    • File

      さるら。

      2022/5/30

      ありがとうございます😊

      エビも脱皮するんですよ😁

      カブトガニは“カニ”と名づくものの、クモやサソリの方により近縁なので、fanta館長の感覚は正解なのです👍

      返信する
    • File

      fanta

      2022/5/30

      さるら。さん
      ありがとうございます😁👌

      エビもか~~🦐

      返信する
    • File

      さるら。

      2022/5/31

      ヤドカリもですよ~😁

      タラバガニはヤドカリの仲間ですねー😊

      返信する