【ポール・モーフィー(1858~1859)】 fanta館長さまからのチェス切手

0

アメリカ南部、ニューオーリンズの裕福な家に生まれました。1857年、大学を天才的な記録で卒業しました。
1857年、アメリカ最強のポールセンを5勝1敗2引き分けで破ったことにあきたりず、当時チェス黄金時代であったヨーロッパへ武者修行に旅立ちました。次から次へ多くの名人たちとのマッチに勝ち、ついに名人中の名人アンデルセンをも破りました。
1859年、負けを知らぬまま、チェスに失望してニューオーリンズに帰りました。
1869年以降はチェスを一切拒絶、弁護士の看板をかかげたのですが、あまりに理詰めのため南部のアメリカ人気質に合わず成功しませんでした。1884年、世界中のチェス・ファンに惜しまれつつ卒中で亡くなりました。
現在のチェス理論はすべて、モーフィーの遺した棋譜のエッセンスから組み立てられているといっても過言ではありません。
「調和」という概念の生みの親です。

(以上、『図解早わかりチェス』より)

   *    *

ポール・モーフィー(1837~1884)は、アメリカはニューオーリンズ出身のチェス・プレイヤーで、幼い頃からチェスの才能を周囲に認められていました。
1858年にイギリスに渡り、ハワード・スタントンとの対局を熱望しました。
その間に当時の世界チャンピオンと認められていたアンデルセンとパリで対局、7勝2敗2分で圧勝し、次代の世界チャンピオンと見なされましたが、結局、スタントンとの対局は叶わず(スタントンが逃げ回ったとも言われますが、本業のシェイクスピア研究に軸足を置いていたためでもあります)、失意のうちに帰国。
時折しも南北戦争の勃発もあり、チェスを断念します。
一時は法律事務所を開設しましたが経営はうまく行かず、ファンからはチェス界への復帰を求められるも拒絶。彼にとって、チェスは尊敬されるべき職業ではなかったようです。

生涯結婚せず(できず)、妹と母親の3人で暮らす晩年は不遇で、脳卒中で倒れているのを母親が発見したと言われています。

恥ずかしがり屋だったという彼の棋譜は、反面派手派手しい積極的な動きとサクリファイス(犠牲・ただ捨て)、強気な攻め手が多くて人気も高く、近代チェスの創始者として尊敬されています。

#チェス
#グランドマスター
#世界チャンピオン
#チェス切手

https://muuseo.com/sarura_004/items/1534
https://muuseo.com/sarura_004/items/1535

【ハワード・スタントン(1843~1851)】 fanta館長さまからのチェス切手
イギリスのチェス・マスター。1840年代には、イギリスのチェスのリーダーでした。 はじめ俳優として生計をたてました。これが元で終生シェイクスピア戯曲に関心を持ちました。シェイクスピア学者としても有名になりました。 19歳でチェスを学びましたが、すぐ熟達はしませんでした。 1841年イギリスで最初のチェス雑誌を発行しました。1851年第1回国際チェス・トーナメントをロンドンで開きましたが、アンデルセンに負け4位。 1853年のマッチに負け、その後執筆の方に取り組みました。 1847年「チェス・プレイヤーの手引」を出版。 (以上、『図解早わかりチェス』より)    *     * ハワード・スタントン(1810年~1874年)は、非公式ながら英国人で初めてのチャンピオンとなったチェス・プレイヤー。 シェイクスピア研究家でもあり、その傍ら新聞紙上でチェスに関するコラムを連載するコラムニストでもありました。 1841年から1854年まで、英語圏で最初の重要なチェス・マガジン『Chess Player's Chronicle』を編集。特に1847年に手掛けた『Chess Player's Handbook』は、現代でも読み継がれる重要なチェス参考書となっています。 中でも彼の普及した『シシリア防御(シシリアン・ディフェンス)』と『イングリッシュ・オープニング』は現代でも重要なオープニングとされています。 『シシリア防御(写真2枚目)』は、白の1手目e4で始まるゲームにおいて、現在もっともよく指される定跡となっています。  1.e4、e5で始まるオープン・ゲームはかなりの深度で研究されており、黒番の勝ち目が少なくなっています。 白のe4に対して勝つべく研究されたオープニングがこの『シシリア防御』で、白e4に対して黒c5と受け、白側の中原(中央4マス)への展開に睨みを利かせる形となります。 2手目以降の手筋は多くのバリエーションに分岐しますが、「他の防御よりは(黒側の)勝率が良い」とされています。 一方『イングリッシュ・オープン(写真3枚目)』は、鉄板ともいえる定跡を外し、白1手目をc4から開始するオープニングで、その後の指し手によって他のオープニングへと多岐に変化していきます。 1851年、体調不良を主な理由に真剣勝負のチェス競技界からは引退してしまいますが、ロンドンで開催された第1回国際チェス大会を主催しながら、自身は不本意な結果に終わってしまったためともいわれています(2回戦で、後に世界チャンピオンとなるアンデルセンに敗れ、3位決定戦でもイライジャ・ウィリアムズに惜敗しました)。 この翌年『The Chess Tournament』を出版し、この国際大会実現に向けた努力を詳細に記すと共に、行われたすべての対局についてコメントを入れて紹介しています。 またチェスに対する貢献の中でもっとも著名なのが、彼の名を冠したチェスメン(チェスピース、チェス駒)のデザイン『スタントン・パターン(スタントン・スタイルとも)』。 それまで不揃いだったチェスメンを、ナサニエル・クックがデザインし製造されたものを、自身のコラムで推薦することで世界に広まり、競技会で使われるスタンダードとなっています。 チェス競技の表舞台からは降板したスタントンですが、その後も精力的に執筆活動に励み、数多くのコラムや論考を発表しています。 #チェス #グランドマスター #世界チャンピオン #チェス切手 館主の持っている『スタントン・パターン』のチェスメンはこちら~ https://muuseo.com/sarura_004/items/1514
https://muuseo.com/sarura_004/items/1534
【カール・エルンスト・アドルフ・アンデルセン(1851~1858・1862~1866)】 fanta館長さまからのチェス切手
ドイツ生まれの数学者。チェスに没頭しましたが周囲からしばらくは万年5級とあだ名されていました。 38歳の時忽然と悟って一夜で名人技に到達したといわれています。 「不朽の局」「常緑の局」は歴史に輝く名局です。手筋の最高峰はアンデルセンによって征服されたといえるでしょう。 1858年モーフィーに敗れた時の好態度はスポーツマンとしての名声を後世に残しています。 (以上、『図解早わかりチェス』より)    *     * アンデルセン(1818~1879)は、ドイツのチェス・プレイヤーで数学教師。 1851年、イギリスのスタントンが主催も務めた第1回国際チェス大会にドイツ代表として招待され、スタントンも破って優勝。制度確立前の非公式ながら世界チャンピオンとなりました。 この大会の休憩時間に指された、フランスのライオネル・キーセリツキーとの対局は『The Immortal Game』と呼ばれる名棋譜として知られています。 この対局で、アンデルセンはビショップ、ルーク、クイーンを犠牲にしながらも、残りのビショップと2つのナイトでチェックメイトしました。 同時代の名プレイヤーのひとりであるサヴィエリ・タルタコワは、このゲームを『美しいゲーム』と讃えています。 写真5枚目がその終局図。 d8の黒キングをg7のナイト、d5のナイトで取り囲み、24手目のビショップe7でチェックメイトとなりました。 その後、1858年にアメリカのポール・モーフィーとのマッチに敗れ、世界チャンピオンの座を一度は譲りますが、モーフィーの引退後、1862年の国際大会で12勝1敗で優勝、再び世界チャンピオンとして返り咲きました。 1866年には、後に制度確立後の初代公式チャンピオンとなる若きヴィルヘルム・シュタイニッツに敗れ、世界最強の座を降りることとなりましたが、1868年の国際大会ではシュタイニッツを僅差で抑えて優勝しています。 1877年、59歳でライプツィヒでの大会で2位となったのを最後の棋歴として61歳で没しました。 その人柄は誰にでも好かれ、正直で公正な人間であったとシュタイニッツは書き残しています。 また、アンデルセンの名は、モーフィーとの対戦で指した奇妙な初手(1.a3=白ポーンをa3。写真6枚目)につけられた『アンデルセン・オープニング』にも残されています。 #チェス #グランドマスター #世界チャンピオン #チェス切手 https://muuseo.com/sarura_004/items/1534 https://muuseo.com/sarura_004/items/1543
https://muuseo.com/sarura_004/items/1535

Default