【エルダーサイン(Elder Sign)】

0

不可解な事件が続発する呪われた博物館を舞台に、探索者となって『エンシェントワン』の復活を阻止するために事件の解決に乗り出します。
クトゥルフ神話をテーマに、協力してシナリオを解決していく協力型ダイスゲーム【エルダーサイン】のご紹介です。

基本セットには、クトゥルフやハスター、アザトースといった8枚の『エンシェントワン(旧き神々)』が封じられています。
それぞれに特殊能力や攻撃方法などの特徴があり、復活に必要な条件も異なっているため、これらから1枚を選ぶことでゲームの難易度を設定することができます。
また、同様に基本セットには16人の探索者が封じられており、プレイヤーはこの中から1人を選んで、自分のキャラクターとしてゲームに臨みます。
科学者や作家、私立探偵、考古学者などといった、個性豊かな探索者たちは、当然その得意とする能力や特徴があり、自分の好みで選択することができます。
ゲーム的には、バランスよく傾向の違うキャラをセットすべきですが、得手不得手に偏りがあると、ゲーム展開も大きく変わってくることでしょう。

ゲームの展開は冒険カードによって進められます。
各プレイヤーは自分の手番で、場にセットされた冒険カードに移動し、その冒険カードで示された事件を解決するために専用のダイスを振ります。
出目の結果を参照し、事件解決のために必要な出目がそろえば、その冒険カードを解決したことになり、新たなカードがセットされていきます。
解決した冒険カードは『トロフィー』として手元に置いておき、各種のアイテム購入やダメージの回復に用いることができます。

1人のプレイヤーの手番が終わると、時計が3時間進み、午前0時に達するごとに、状況に変化を与える『神話カード』がめくられます。
神話カードにはすぐにもたらされる効果と、次の午前0時に起こる効果の2種類があり、エンシェントワンを復活させる『破滅トークン』を配置するものや、怪物を出現させるなど、冒険カードの解決をより困難にするものなどがあります。

このように、基本はダイスを振ることによって冒険カードを解決し、エンシェントワンが復活する前に、既定の『旧き印(エルダーサイン)』を集めることができれば、プレイヤーたちの勝利です。
その前に、エンシェントワンが復活した場合には、アザトースの場合は即座にゲーム終了でプレイヤーたちの敗北。他のエンシェントワンの場合でも、復活したエンシェントワンを相手に絶望的な戦いを挑むしかなくなります……

クトゥルフ神話におけるさまざまなエッセンスが見事に凝縮された傑作ゲームのひとつ、といえるでしょう。
現在のところ、基本セットの他にふたつの拡張セット【見えざる軍団】と【氷の黙示録】が日本語版としてサポートされています。
……が、この他の拡張セットがなかなか出ません。
継続してサポートしてもらいたいところです。

※2019年5月30日追記
 版元のアークライト社にて絶版となってしまいました。
 レア度を2⇒4へ変更します。
 もう拡張セットは出ないんでしょうね……

https://muuseo.com/sarura_004/items/233
https://muuseo.com/sarura_004/items/234

#ダイスゲーム
#カードゲーム
#ボードゲーム
#クトゥルフ神話
#クトゥルー神話

【エルダーサイン拡張:見えざる軍団(ELDER SIGN:UNSEEN FORCES)】
 私がその邪悪なものに出会わなかったら、なにが起こっていたのだろう?  今、運は私に味方している。  それでも、そのような獣に出会い、そういった恐怖を目撃するたびに、私は考える。もしも名状しがたいものたちが、私の運命を祝福へではなく、呪われた道へと誘っているとしたら。  ひょっとしたら、私に運命を動かす見えない手は、私を死と忘却の彼方へと押しやっているだけに過ぎないのかもしれないのだ。  強大な力を持つエンシェントワンが、より危険になったモンスターと、戦慄すべき新しい謎を引き連れて目覚めた。これから始まる暗黒の刻に、探索者たちは新しい仲間を、呪文を、アイテムを、そして不思議な力からの祝福を探し出すことになるだろう。彼らは未知の状況に飛び込まねばならないが、そこには闇を這い回る恐るべきものたちが、彼らを運命の顎に引きずりこもうと待ち受けているのだ!  あなたはもう一度、博物館に入る勇気があるだろうか?    *     *  クトゥルフ神話をテーマとした協力型ダイスゲーム【エルダーサイン】の最初に発売された拡張セット【見えざる軍団】のご紹介です。  当然プレイするには『エルダーサイン』本体が必要で、この拡張セットだけでは遊ぶことはできません。  本拡張セットでは、8人の新たな探索者たちの他、4柱の強大なエンシェントワン――『アブホース』『シュド=メル』『グラーキ』『ツァトゥグァ』――が追加されます。 ※2019年5月30日追記  版元のアークライト社にて絶版となってしまいました。  レア度を2⇒4へ変更します。  もう拡張セットは出ないんでしょうね…… #ダイスゲーム #カードゲーム #ボードゲーム #クトゥルフ神話 #クトゥルー神話
https://muuseo.com/sarura_004/items/233
【エルダーサイン拡張:氷の黙示録(ELDER SIGN:OMENS OF ICE)】
 死の氷原に突入せよ!  有名なミスカトニック大学の考古学探検隊は、アラスカ中央の凍れる原野で消息を絶った。今、アーカムから来た勇敢な探索者のチームは、異常な雪嵐と思いもつかない恐怖に立ち向かい、彼らを発見し、彼らが呼び起こしてしまった古の恐怖に、対抗しなければならないのだ。  この拡張セットでは、寒く神秘的なアラスカの原野を舞台とした、まったく新しい冒険を扱います。獰猛な吹雪が世界を覆っている間、探索者たちは遥か北でその源を探り、それを再び封印して何千年もの眠りにつかせるため、あらゆる資材を活用しなければなりません。  新しい恐るべきエンシェントワンやモンスター、探索者たちや、基本セットの者と交換して使う、全く新しい神話カードや冒険カードがこの拡張セットには入っています。また、天候の変化や物資の欠乏を表す記録シートにより、基本セットとは全く異なる体験ができるはずです!  さあ、極寒の吹雪の中に出て、イタクァら新しいエンシェントワンに対峙する準備はできたでしょうか?    *     *  クトゥルフ神話をテーマとした協力型ダイスゲーム【エルダーサイン】の2番目に発売された拡張セット【氷の黙示録】のご紹介です。  当然プレイするには『エルダーサイン』本体が必要で、この拡張セットだけでは遊ぶことはできません。  『エルダーサイン基本セット』や拡張『見えざる軍団』では、舞台は深夜の博物館でしたが、今作ではアラスカの原野というオープンスペースが探索の舞台となります。  本拡張セットでは、8人の新たな探索者たちの他、3柱の恐ろしきエンシェントワン――『イタクァ』『ルリム・シャイコース』『ラーン=テゴス』――が追加されます。  果たして、世界を雪と氷の破滅から救うことができるでしょうか…… #ダイスゲーム #カードゲーム #ボードゲーム #クトゥルフ神話 #クトゥルー神話
https://muuseo.com/sarura_004/items/234

Default
  • なかなか一筋縄では勝利できなさそうで、でもそこがまたプレイに緊張感を与えてくれるのでしょうね~😮
    そんな中にプレイヤー複数人で挑めるというのは心強いです(笑)

    返信する
    • File

      さるら。

      2019/05/15

      ありがとうございますー。

      エンシェントワンによって大きく難易度が変わってくるのですが、どれもすんなりとはいきません(^^
      ダイスの運に見放されると、悲鳴がとまりません……

      返信する