【ウォーハンマー・アンダーワールド:シェイドスパイア】

0

ミニチュア・ウォーゲーム【WARHAMMER】をより遊びやすく、ヘクスボード上での小規模戦闘に特化してまとめた作品です。
個性的で魅力的な登場キャラクターの、精巧なミニチュアはもちろんですが、詳細に設定された背景や物語がウォーハンマーの世界そのものに没入させてくれます。
ペイントしたミニチュアは、当館3Fの【WARHAMMER:UNDERWORLDSの部屋】にて展示しております。

このコアセットには、【スティールハートの勇士たち(3体で構成)】【ガレクの略奪団(5体で構成)】のふたつのウォーバンドのミニチュアと必要なカード、トークン類、専用ダイスが入っています。

ゲームシステムの根幹は戦闘そのものですが、勝利するためには、様々な目標を達することで【栄誉点】を獲得せねばなりません。これらの目標は、多くの種類の『目標カード』から、自分の操るウォーバンド(3~7体で構成される部隊)の特性や、戦い方に即した12枚を選択せねばなりません。
また、一時的効果を持つ『策略カード』や、キャラクターに対して特殊効果を付与する『強化カード』についても、最低20枚という制限のもと、特性や戦略・戦術にあったカードを選択し、自分なりのデッキを組む必要があります。
この2種類のカードデッキを組むところから、無限ともいえる多様なゲーム展開が広がっていきます。

【WARHAMMER】や他のミニチュアウォーゲームに、興味はあるけど敷居が高い……そう感じている方々にもおススメのセットです。

https://muuseo.com/sarura_004/items/176
https://muuseo.com/sarura_004/items/177

https://muuseo.com/sarura_004/items/27
https://muuseo.com/sarura_004/items/338
https://muuseo.com/sarura_004/items/1409
https://muuseo.com/sarura_004/items/1410

#ボードゲーム
#ボードゲームフィギュア
#ウォーハンマー

【ウォーバンド スティールハートの勇士たち】
ウォーバンド【スティールハートの勇士たち】を勢揃いさせてみました。 ウォーハンマーシリーズ、初めてペイントした3体です。 写真がピンボケなので、後で差し替えます。 (2019.07.10.写真差し替えました) 以下、公式サイトより。 輝けるシグマライトに身を包み、天界にて鍛えられし武器を構える。 かの者らこそ、ストームキャスト・エターナル。渾沌の軍勢より文明を守る英雄たちに他ならぬ。 かつて、諸領域に住まう定命の英雄であった彼らは、神王シグマーによって集められ、天嵐の顕現として生まれ変わったのである。彼らは生ける伝説であり、暗黒神に対して終わることなき戦いを繰り広げている。 ストームキャスト・エターナルにまつわる最大の秘密こそ、『再鍛(リフォージ)』に他ならない。 これは斃れし戦士たちの魂を、雷撃とともにシグマーの住まうアズィルヘイムへと呼び戻し、新たに肉と金属の身体を与える秘儀である。 『再鍛』により、ストームキャストたちは事実上の不死を得ているが、しかしこれには代価も伴う。 ストームキャストは死を迎えるたび、人間性の一部を失い、人格が無機質なものへと変化していくとともに、かつて定命であった頃の断片的な記憶すらも失われていく。 リベレイター・プライムたるセヴェリン・スティールハート指揮下の戦士たちが所属する部隊は、ストームキャストを蝕むこの病の治療法を探すためにシェイドスパイアへと派遣された。 しかし今や彼らは街に囚われ、互いに孤立してしまっている。彼らの耳に届くものは、脱出の方法を告げる死者のささやき声のみである。 セヴェリン・スティールハート https://muuseo.com/sarura_004/items/1 アンガラッド・ブライトシールド https://muuseo.com/sarura_004/items/2 “大胆なる”オブリン https://muuseo.com/sarura_004/items/3 #ウォーハンマー #ボードゲーム #ボードゲームフィギュア
https://muuseo.com/sarura_004/items/176
【ウォーバンド ガレクの略奪団】
【ウォーバンド ガレクの略奪団】を勢揃いさせてみました。 人肌の表現が難しく、まだまだ修練が必要です。 以下、公式サイトより。 〈流血に囚われし者ら〉ブラッドバウンドは、殺戮の神コーンに忠誠を誓いし者たちである。 戦いの狂乱に酔いしれ、戦闘がもたらす歓喜に我を忘れている彼らは、今や殺戮にのみ生き甲斐を見出している。 彼らは強大な部族集団を形成すると、暗黒神の名の下に諸領域をまたにかけた略奪や殺戮、破壊を繰り返す。 ガレク・ゴアビアードが率いている一団に代表されるブラッドリーヴァーは、狂乱せる食人鬼の集団であり、定命の身でありながらその暗き堕落によって〈血の神〉の奴隷へと成り下がった者たちである。彼らは重装備を嫌い、敵の血しぶきを直接その体に浴びることを好む。そして彼らは狼の狩りを思わせる執念深さで獲物を追い詰めるのである。 (2019.07.12.写真を差し替えました) ガレク・ゴアビアード https://muuseo.com/sarura_004/items/6 “繋がれし”カーサス https://muuseo.com/sarura_004/items/7 “血塗られし”シーク https://muuseo.com/sarura_004/items/8 アーヌルフ https://muuseo.com/sarura_004/items/9 タルゴール https://muuseo.com/sarura_004/items/10 #ウォーハンマー #ボードゲーム #ボードゲームフィギュア
https://muuseo.com/sarura_004/items/177
【ウォーハンマー・アンダーワールド:ナイトヴォールト】
 【WARHAMMER:UNDERWORLDS】シリーズ、2作目のコアセット【ナイトヴォールト(NIGHTVAULT)】です。 前作【シェイドスパイア】同様、不死王ナガッシュの呪いに陥された都市『シェイドスパイア』を舞台に、新たなウォーバンドたちが、それぞれに秘めた目的を胸に戦いを繰り広げます。  このコアセットでは、ストームキャスト・エターナルの魔法使いたちのウォーバンド【ストームサイアの呪い破り(3体編成)】と、絶えず変化する迷宮『ナイトヴォールト』の鎖から解き放たれた死霊たち【荊棘の女王の宮廷団(7体編成)】が入っています。  もちろん【シェイドスパイア】のウォーバンドも使ってプレイ可能です。  その他、前作までの基本ルールに加えて『魔法』などの追加ルールや、新たなゲームモードに関する情報も含まれています。  基本的には2人対戦用のゲームですが、コアセット2つ分のボード(4枚)で戦場を作ることで、4人までの多人数プレイが可能となります。  2018年9月の発売後、10月には二つの拡張セット【九賢の瞳】と【ザルバックの徒党】が追加発売されました。  これで、ウォーバンドの数は12となりましたが、まだまだ拡張セットが控えているようです。 https://muuseo.com/sarura_004/items/185 https://muuseo.com/sarura_004/items/184 https://muuseo.com/sarura_004/items/5 https://muuseo.com/sarura_004/items/338 https://muuseo.com/sarura_004/items/1409 https://muuseo.com/sarura_004/items/1410 #ボードゲーム #ボードゲームフィギュア #ウォーハンマー
https://muuseo.com/sarura_004/items/27
【ウォーハンマー・アンダーワールド:ビーストグレイヴ】
【WARHAMMER:UNDERWORLDS】シリーズ、第3シーズンとなるコアセット【ビーストグレイヴ(BEASTGRAVE)】です。 前2作とは変わって、舞台は何者かの冷たい悪意に満ちた荒野と山地『ビーストグレイヴ』となっています。 基本ルールは共通ですが、よりブラシュアップされ遊びやすくなっています。 今回のコアセットには、ウォーバンド【グラシュラックの強奪団】が6体、【スカエスの狩猟団】が5体の、計11体のミニチュアが含まれています。 【グラシュラックの強奪団】は獣人系の種族たち、【スカエスの狩猟団】は半鹿人の種族たちです。 それぞれの特徴を豊かに表現した精巧なミニチュアですが、果たして組み立て・塗装に取り掛かれるのはいつになることか…… https://muuseo.com/sarura_004/items/1099 https://muuseo.com/sarura_004/items/5 https://muuseo.com/sarura_004/items/27 https://muuseo.com/sarura_004/items/1409 #ボードゲーム #ボードゲームフィギュア #ウォーハンマー
https://muuseo.com/sarura_004/items/338
【ウォーハンマー・アンダーワールド:ダイアキャズム】
【WARHAMMER:UNDERWORLDS】シリーズ、第4シーズンとなるコアセット【ダイアキャズム(DIRECHASM)】です。 前作【ビーストグレイヴ】に引き続き、舞台は恐るべき力が漲る荒れ果てた山地『ビーストグレイヴ』。 1作目【シェイドスパイア】、2作目【ナイトヴォールト】の舞台となった呪われた都市『シェイドスパイア』から波及した呪いは、『ビーストグレイヴ』にも及び、数多の獲物を待ち構える……といったストーリーラインのもと、ウォーバンドたちがしのぎを削ります。 今回のセットには、聖なる力の使い手たる『ミアーリの浄化隊』と、快楽の神スラーネッシュに仕える堕落した者たち『恐怖の壮行団』のふたつのウォーバンドが封じられています。 いつもながらに、どちらも繊細かつダイナミックなポージングの素晴らしい造形です。 ……って、買ってからしばらく寝せてましたが、もう発売から1年になろうとしています(2021年10月現在)。 すでに、巷では第5シーズンの予約が始まろうとしています……😭 https://muuseo.com/sarura_004/items/5 https://muuseo.com/sarura_004/items/27 https://muuseo.com/sarura_004/items/338 https://muuseo.com/sarura_004/items/1410 #ボードゲーム #ボードゲームフィギュア #ウォーハンマー
https://muuseo.com/sarura_004/items/1409
【ウォーハンマー・アンダーワールド:2020年版コアセット】
【WARHAMMER:UNDERWORLDS】シリーズ、2020年版のコアセットです。 【SHADESPIRE】の発売から4年目にして、新たにまとめられた『基本セット』になります。 他の副題を持つタイトルとの位置づけの違いがよくわかっていないのですが、たぶん、【SHADESPIRE】以降で改訂・ブラッシュアップされたルールを改めて整理して基本ルールをまとめたものかと。 こちらも当然、2種の新ウォーバンドがセットされています。 やはり良い側代表のストームキャスト・エターナルから『セレストゥスの嵐』。 悪い側代表(と単純に割り切れないのがウォーハンマー世界でもありますが)、不死王ナガッシュに遣わされた幽鬼の暗殺団『ドレプールの幽鬼団』。 どちらも4体ずつで構成されたウォーバンドです。 ストームキャスト・エターナルは、基本が黄金鎧なので飽きが来ますが(失礼!)、『副王ドレプール』率いる幽鬼団は好みの造形と雰囲気があります。 さて、ペイントはいつになることか…… https://muuseo.com/sarura_004/items/5 https://muuseo.com/sarura_004/items/27 https://muuseo.com/sarura_004/items/338 https://muuseo.com/sarura_004/items/1409 #ボードゲーム #ボードゲームフィギュア #ウォーハンマー
https://muuseo.com/sarura_004/items/1410

Default