【ラヴクラフト全集I】

0

修道院の地下に隠されていた呪うべき屠殺場、下から上へと掘りあげられた壁の中の小路、すべての謎をむすぶ邪神の秘儀を描く初期最高傑作「壁のなかの鼠」。それに続く「忌まれた家」。ラヴクラフトの半生を偲ばせる名編「ピックマンのモデル」。作者自身もっとも満足のいく短編としている「異次元の色彩」。ク・リトル・リトル神話中の異色の神性「ナイアルラトホテップ」他、全13編。

夢のおかげで、わたしはなぜラヴクラフトが昨今の若者たちにあれほど影響を及ぼしているかを理解することができた。なぜならラヴクラフトは、実に今も生きていて、墓石のうしろから糸を操っていたのだ――数夜にわたって夜な夜な墓地を徘徊し、“H・P・ラヴクラフト”と刻まれた古い墓石のそばで奇怪な人影を見るという夢を見たフィリップ・ヘレラが1973年6月11日号の「タイム」誌に寄せた書評。

【収録作品】
 ・錬金術師
 ・ポラリス
 ・潜み棲む恐怖
 ・壁のなかの鼠
 ・忌まれた家
 ・ピックマンのモデル
 ・異次元の色彩
 ・ナイアルラトホテップ
 ・闇に這う者
 ・ランドルフ・カーターの弁明
 ・銀の鍵
 ・銀の鍵の門を超えて

 ・怪奇小説のコペルニクス(フリッツ・ライバー・Jr)
 ・わが幼年期を語る(ラヴクラフト)
 ・文化現象としてのラヴクラフト(荒俣宏)
 ・作品解題

   *     *

本邦初となるラヴクラフトの傑作集【暗黒の秘儀】を刊行した創土社が、1975年に編訳者に荒俣宏を据えて刊行に乗り出した【ラヴクラフト全集】の第1回配本のI巻です。
残念ながら初版ではなく第二版ですが、箱・帯付きの状態の良いものを入手することができました。
博物学の怪人、荒俣宏氏の訳文は比較的読みやすい文章だと思います。
収録作品も、甲乙つけがたい傑作が選ばれていますし、フリッツ・ライバー・Jrによる評論『怪奇小説のコペルニクス』も、ラヴクラフティアンならば必読の一文といえるでしょう。
本全集は、残念ながら第2回配本のIV巻で刊行が中断してしまいましたが、この2冊の収録作は改めて再編集されて、角川ホラー文庫の一冊【ラヴクラフト恐怖の宇宙史】としても刊行されました。

https://muuseo.com/sarura_004/items/205
https://muuseo.com/sarura_004/items/206

#ラヴクラフト
#クトゥルフ神話
#クトゥルー神話
#傑作集
#全集
#作品集

【暗黒の秘儀 《コズミック・ホラーの全貌》】
「人間の感情のなかで最も強烈なものは恐怖である」(ラヴクラフト) クートゥリュウ神話の創始者として、教祖的存在となったラヴクラフト。その異常ともいえる恐怖への思い入れと熱狂性は、読者に共振作用をひき起こし、コズミック・ホラーの世界へ引きずりこむ。 熱烈なラヴクラフティアンである訳者は、かつて本邦で初めてこの巨匠の作品を翻訳、刊行したが、数多くの読者の熱い声に応え、ここに改訂、復刻版をおくる。表題作のほか「クートゥリュウの呼び声」など、怪奇と恐怖に満ちた中短編13作品を収録。 【収録作品】  ・海神ダゴン  ・白い帆船  ・夢の都市セレファイス  ・海底の神殿  ・月の沼  ・エーリッヒ・ツァンの音楽  ・アウトサイダー  ・暗黒の秘儀  ・死体安置所の中で  ・クートゥリュウの呼び声  ・冷気  ・戸口の怪物  ・超時間の影  ・解説  訳者:仁賀克雄    *     * 『ラヴクラフト傑作集』の刊行に先駆けること1972年、創土社より出版された、日本初のラヴクラフト作品集『暗黒の秘儀』。 こちらは1985年に朝日ソノラマから出版された、その改訂・文庫版になります。 訳者の仁賀克雄氏は切り裂きジャック研究家として知られると共に、熱烈なラヴクラフティアンでもあります。 「海神ダゴン」を皮切りに、ダンセイニ風の掌編、幻想怪奇譚、神話の中核ともいえる「クートゥリュウの呼び声」、ラヴクラフト宇宙観の総括ともいえる「超時間の影」と、バランス良く作品が選出されていると思います。 まだクトゥルフやクトゥルー、ク・リトル・リトルなどの呼称が存在しない時期に【Cthulhu】に【クートゥリュウ】の音を当てられた点は慧眼だと思います。 #ラヴクラフト #クトゥルフ神話 #クトゥルー神話 #傑作集 #全集 #作品集
https://muuseo.com/sarura_004/items/205
【ラヴクラフト恐怖の宇宙史】
恐怖小説の極北に怪しく光るラヴクラフトが紡ぐ壮大な幻想世界。そこにはモダン・ホラーの原型がある。 その膨大な作品群から厳選した傑作と奇才コリン・ウィルソンがラヴクラフトに捧げた作品を収録した〈クトゥルー神話〉の決定版オリジナル・アンソロジー。 案内役は異才・荒俣宏。 【収録作品】  ・イントロダクション(荒俣宏)  ・廃墟の記憶  ・アウトサイダー  ・ニヤルラトホテップ  ・錬金術師  ・妖犬  ・異次元の色彩  ・忌まれた家  ・闇に這う者  ・狂気の山にて  ・魔女の家で見た夢  ・ランドルフ・カーターの弁明  ・銀の鍵の門を越えて  ・ロイガーの復活(コリン・ウィルソン)  ・わが幼年期を語る(HPL)  ・文化現象としてのラヴクラフト(荒俣宏)  訳者:荒俣宏     紀田順一郎(廃墟の記憶)     平井呈一(アウトサイダー)    *     * 角川ホラー文庫の一冊として刊行された『ラヴクラフト恐怖の宇宙史』。 『ラヴクラフト傑作集』刊行後、創土社もまた1975年に『ラヴクラフト全集』の発刊を開始しました。ハードカバーの箱入上製本で、編訳者はかの荒俣宏氏。ですが、どういう経緯かはわかりませんが、第1巻と第4巻が配本されたところで止まってしまいました。 この『ラヴクラフト恐怖の宇宙史』に収録された作品群は、主に前掲の荒俣版『ラヴクラフト全集』からの再録、となっています。 また編纂に当たっては、荒俣氏の師匠筋に当たる2人、紀田順一郎氏と平井呈一氏の訳による作品が敬意をもって収められています。 露骨に『クトゥルフ神話』を主張する作品は少ないように思いますが、それもまた、荒俣氏なりの選出なのでしょうか。 ラヴクラフト作品以外に、コリン・ウィルソンの「ロイガーの復活」も収録されています。 コリン・ウィルソンの神話作品は幾つかあり、賛否のいずれもありますが、館主はどちらかというと『否』であり、やはり狭量だったりします(笑 #ラヴクラフト #クトゥルフ神話 #クトゥルー神話 #傑作集 #全集 #作品集
https://muuseo.com/sarura_004/items/206

Default
  • File

    T. S

    2021/12/6 - 編集済み

    また「内緒」だ(笑)↑

    返信する
    • File

      さるら。

      2021/12/6

      ナイショでーす😅

      返信する