「あなたの胃の中を水族館にします」~積丹海鮮祭り

初版 2022/08/02 00:51

改訂 2022/12/30 22:37

これから2週間毎日連続で仕事なので、英気を養うため積丹の宿に一泊し海鮮を食べてきました。家内も以前から行きたがっていた宿で、これまでウニのハイシーズンは毎年予約が一杯でしたが、今回奇跡的に土曜の予約が取れて宿泊することが出来ました。


島武意海岸の美しい眺めです。ここは知名度では神威岬に一歩譲りますが、海の美しさでは引けを取りません。宿はこの海岸からすぐそばのところにあります。


皆さんはこの海岸を舞台にした『ジャコ万と鉄』という映画をご存知ですか。私は全く見たことがありませんが、深作欣二監督、高倉健、丹波哲郎共演というかなり豪華な作品です。三船主演の映画を観て感激した高倉健が自ら企画した映画とのことでした。


部屋の宿帳の表紙です。夕食を食べきれず撃沈する方が続出とのこと。私も昼飯を抜いて臨むことにしました。


宿のホームページに掲載された夕食の写真です。当日はいくつかメニューが変わっていることも予想されます。


宿泊当日のお品書きです。うに、あわびの文字があちこちに。


さあ、夕食の時間です。画面一枚に収まりきらないのでまず左半分です。


右半分の写真です。


朝、店主が採った生うにです。甘くてとろとろ。醤油は全く要りません。


平目、活ダコ、南蛮エビ、サーモン。


大変身の太ったアワビの刺身です。歯ごたえがすごいです。


エビ塩茹で、余市産さくらんぼ、真イカ。


ホッケのタタキ。足の早いホッケを生で。ショウガが効いて旨いです。


大羽という魚の塩焼きです。メバルの仲間でスーパーにもほとんど出回らない魚とのことでした。身が締まって適度に脂ものっています。


上真ツブの水貝、下アワビのキモ。


左上から時計回りに、タコとワカメの酢の物、小女子と大根下ろし、メカブ、ナマコ。


イクラ醤油漬け、ホヤ。


活アワビ踊り焼き。ボタンエビ、青ツブも乗っています。アワビは生きているので、網の上で身をよじり何だか残酷なような感じです。


積丹の昆布と魚のアラでダシを取った浜鍋。エビ、ホタテ、キンキが入っています。


味噌仕立てで良い出汁が出ています。


最後はアワビ酒蒸し。まるまる太ったアワビ一パイとウニ、甘エビが入っています。これでメニューは終了です。

結局アワビは大きなものが3ハイ入っていたことになります。贅沢や!


何とか完食しましたが、聞きしに勝るボリュームでした。


朝食です。こちらも充実のメニューです。


この中ではホッケの塩麴漬けが素晴らしく旨かった。日本酒を朝から飲みたくなります。


この後、店主自ら早朝採ってきた甘エビ。数時間前まで泳いでいたエビです。


鮮やかな赤が活きの良さを物語っています。


殻を剥くと身も透き通っています。「田舎料理」と謙遜されていますが、最高の素材と鮮度、大満足の素晴らしいお食事でした。


彦摩呂さんもここに来たら、やはり「胃の中が水族館や!」と叫ぶことでしょう。


お部屋もきれいで大変居心地の良いお宿でした。

また、いつかここを訪れたいと思います。





#思い出

#グルメ

1990年3月に行ったロンドンで、初めてエドワードグリーンのドーバーを購入しました。以来、ここの靴の虜になりました。質の良いしっとりとしたカーフ、美しい木型、無い物ねだりと分かりながら、この時代のエドワードグリーンの靴を今も追い求めてしまいます。
他に古い靴も修理して履いています。特に戦前の英国靴は素晴らしいと実感しています。

Default
  • File

    利右衛門

    2022/08/02 - 編集済み

    うわぁ………見てたらお腹空いちゃいました(笑)
    ウニやアワビも食べたいですが、甘エビがまたすごく美味しそう🤤
    食べたら元気100倍ですね!

    返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/02

      利右衛門さん、
      北海道で甘エビといえば増毛が有名ですが、積丹の甘エビも大変おいしいです。余市では甘エビ丼もありますが、値段はウニ丼の1/3くらいですから存分に楽しめます。
      活きのいいエビを食べると「滋養が付く」感じがします。)^o^(

      返信する
    • File

      woodstein

      2022/08/02

       利右衛門のようなプロの眼からしても、上質なのでしょうね。

      返信する
    • File

      利右衛門

      2022/08/02

      とてもとても美しいと思います✨

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/02

      woodsteinさん
      ウニは身が崩れず表面がはっきりしていること、アワビはシワが少なく輝いていること、甘エビは殻が鮮やかな赤で目にも艶があること。この宿は全てをクリアしていました。
      利右衛門さんはこのあたりはよくご存知のだと思います\(^-^)/

      返信する
    • File

      利右衛門

      2022/08/02

      特に雲丹はここ一年物凄い高値な上に、ウクライナ関連でロシア産が輸入制限かかっているせいで、雲丹全体の流通量が少なく、こんなに美味しそうなものをこんな素敵なお値段で頂けるなんて、夢のようです✨

      産地ならではなクオリティと価格、素晴らしいと思います👏

      私も行きたいです(笑)

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/08

      利右衛門さん、
      ロシア産の海水ウニ、ここ数年北海道でもとてもよく売っていました。確かに今回のウクライナの件で輸入は減っているでしょうね。二年前はロシア産海水ウニが1パック1000円くらいで買えました。今は2000円以上しますが、ウニの値上がりのことを言っている我々はまだ幸せですね。

      利右衛門さんはウニとアワビならどちらがお好きですか?大きなアワビが1ハイ刺身で1000円というのも魅力的です。ごはんがバクバク進んでしまいます!

      返信する
    • File

      利右衛門

      2022/08/09

      ウニも好きです。ですが選べと言われたら
      私は俄然アワビです😆🎵
      歯ごたえの楽しいお刺身も好きですが、蒸しアワビも大好きです。
      貝類は火が入るとまた旨みが増しますね。
      でも踊り焼きは未体験なので、いつかは食べてみたいです〜✨

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/09

      私もアワビ大好き星人です。蒸しはもちろん焼いたアワビも旨いです。踊り焼きも是非どうぞ!
      画像は小樽の宿で食べた焼きアワビです。

      File
      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/09

      小樽の居酒屋ではこんな太った牡蠣が800円。これは札幌人には衝撃でした。

      File
      返信する
    • File

      利右衛門

      2022/08/09

      うわぁ………お昼ご飯食べたところなのに、
      お腹鳴ります(笑)
      焼きアワビ、歯ごたえと香ばしさを同時に味わえるやつですね!いつか食べたいです〜🤤
      そして牡蠣!昔厚岸でものすごく大粒の牡蠣を頂いたことがありますが、果てしなく濃厚で美味しかったー!
      北海道、行きたいです〜。

      返信する
    • File

      利右衛門

      2022/08/09

      ちなみにアワビもウニも牡蠣も乗ってないですが
      お昼は海鮮三昧でした🐟😋

      File
      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/09

      私自身は仕事が立て込んで今日は昼食を摂れませんでした。それなら「こんな投稿しないで仕事せい!」と言われそうですが(笑)。自分でも写真見て腹が減ってきました。

      小学生の頃、夏休みに祖母の家(積丹半島の余市と逆側の「岩内」という町)に行くたびにアワビを食べさせてもらったのが良い思い出です。美味かったなぁ。

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/09

      写真拝見して撃沈しました。この空腹の中、あまりに美味しそうでもうダメです。
      同じ居酒屋の「げんこつザンギ」を楽しみにもうちょっと仕事頑張ります!

      File
      返信する
    • File

      利右衛門

      2022/08/09

      お昼抜くのはお体に良くないです(^^;
      美味しい晩御飯で是非エネルギーチャージなさって下さい☺️✨

      それにしてもおばあちゃんち、羨ましい〜😆🎵

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/09

      利右衛門さん
      夕食、さめがれいと青ぞいの刺身を食べて復活しました❗食後に太陽の王様で締めました。これから後片付けです。
      (・∀・)

      返信する
    • File

      利右衛門

      2022/08/09

      イイネ!(・∀・)b

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/09

      さらに作りました。桃とブルーベリーです。

      File
      返信する
    • File

      利右衛門

      2022/08/09

      ( ゚д゚)✨✨
      すごい!お作りになっちゃうんですね👏
      そのうちフォークとお皿持って伺います(笑)

      返信する
  • File

    bigmac

    2022/08/02 - 編集済み

    アメリカで生活していると、新鮮な魚介類に巡り合えることはほぼありません。想像した私の頭の中も水族館になりました。生きているうちに泊まってみたいお宿です。一緒に行く妻が食べられるものが限られるので、その分私が食べる事になると2日前から何も食べないで行かないといけません(笑)良い目標が出来ました。予約がとれるか心配ですね。

    返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/02

      bigmacさん、
      生で食べるという文化が日本独特なのでしょうか。生卵も海外ではありませんしね。「卵ごはん」というものがあるのは日本のアドバンテージ(大袈裟)かもしれません。
      経済的にはさほど困難な宿ではありませんが、ネットで早めに予約をすれば宿泊できると思います。私が言うのも烏滸がましいですが、さっきまで泳いでいた魚を食べられる楽しみがありますので、是非お泊りになって下さい。

      それまで食べられなかったものが、新鮮なものに出会うことで食べられるようになることがあります。昨年、初めて指宿に行きましたが、そこで「いせえび荘」という何とも魅力的な名前の宿に泊まり、それまで「伊勢海老たいしたことない」と思っていた私はその美味さに脳天をかち割られました。
      後日、いせえび荘宿泊日記をアップしてみます。

      返信する
  • Ee2cw67n

    だいちゃん

    2022/08/02 - 編集済み

    ウニが~、甘エビが~~、すいません取り乱しました。

    返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/02

      だいちゃんさん、
      確かに取り乱す海鮮の乱れ打ち。物凄いの一言です。
      店主さんがまた気持ちの良い方なのでお勧めです!

      返信する
  • File

    BACKDRAFT

    2022/08/02 - 編集済み

    うおおぉ~!
    美味そう🎵
    まさに竜宮城ですね
    いいなぁ北海道
    また行きたい

    返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/02

      タイやヒラメの舞い躍り、道産子の私も衝撃を受けました。10月になるとアワビがさらに育ち、もっと大きなアワビになるそうです。
      甘エビ、やはり身が透けています。

      File
      返信する
  • File

    sat-2019

    2022/08/02 - 編集済み

    贅沢な海の幸をふんだんに使った、ものすごい品揃えですね。
    特に生うににやられました🙀

    返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/02

      sat-2019さん
      積丹で採れる魚介類を全て提供している感じです(笑)。おっしゃる通りウニは絶品だと思います。

      返信する
  • File

    fanta

    2022/08/03 - 編集済み

    すごーい海鮮尽くしのコース😆

    ホッケを生とは…北海道ならではですね♪
    キンキは北海道でもいいお値段だった・・・という経験が😅
    にしても豪華でっすv

    返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/08/04

      fantaさん、
      札幌には生ホッケを出す回転ずし屋があります。函館でもホッケの刺身が食べられます。脂がのってとても美味しいですから是非ご賞味下さい(^o^)

      返信する