崖っぷち(GAKE PPUCHI ONSEN)温泉  積丹『岬の湯』

初版 2022/08/01 15:45

改訂 2022/08/04 08:41

7月末、積丹に一泊しましたが、宿のチェックインを済ませた後、評判の近くの日帰り温泉に行って来ました。町民にも愛される「岬の湯」です。宿から車で5分ほどの高台にあります。


とても綺麗な建物ですが、経営はなかなか大変なようで、昨年経営は民間に委託され、本年6月に再オープンになったとのことです。


入口に「GAKE PPUTI」の暖簾が見えます。


「がけっぷち宣言」これまでの大変な経緯を物語るポップです。

入浴料は900円。手拭い、バスタオルは持参ですが、その他、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープなどのアメニティー類は完備されています。


とてもスッキリしたデザインですが、「崖っぷち感」はその分無くなっています(笑)。


温泉マークのYOUの文字が揺らいでいるのがいいですね。


館内ホールは天井も高く開放感があります。とても綺麗。窓の外に積丹海岸の美しい景色が広がります。


温泉からあがったあとは、アルコール、食事などを楽しむことが出来ます。


梁をダイナミックに張り巡らせた天井です。



ホールの窓から見た海岸です。夕日の絶景ポイントです。


露天風呂は積丹海岸を一望できる絶景が楽しめます。日本海の青さが目に沁みます。

お湯は入るとツルツルの泉質です。


お土産コーナーでは積丹のものだけでなく、「イシカリー」もありました。


豚汁、ドレッシングの類もあります。


センスが良いのか悪いのか「シャコタニアン」のTシャツです。


このタコのイシカリーを買いました。


花畔(ばんなぐろ)って読めますか?石狩には読みの難しい地名が沢山あります。

ちなみに「濃昼」これが読めれば北海道検定合格です!


「想いの茸」~ ネーミングがいいです。


望来豚の豚汁。


微妙な感じの「かずのこワイン醤油」。


今回は買いませんでしたが、この「にしんめし」は美味しそうです。


小樽田中酒造の宝川。


私はまだ飲んだことのない神威鶴。これも田中酒造製造です。


入浴を終えて今晩の宿に向かいます。西日に照らされ海がきれいです。


この写真は神威岬の根元を見ている感じです(神威岬は画像の右側になります)。


宿に戻る道すがら、ゴツゴツした卵のような大きな岩が見えます。


カモメが岩の上にたくさん集まっていました。


間もなく海に日が沈みます。これから宿に戻り夕食です。


1990年3月に行ったロンドンで、初めてエドワードグリーンのドーバーを購入しました。以来、ここの靴の虜になりました。質の良いしっとりとしたカーフ、美しい木型、無い物ねだりと分かりながら、この時代のエドワードグリーンの靴を今も追い求めてしまいます。
他に古い靴も修理して履いています。特に戦前の英国靴は素晴らしいと実感しています。

Default
  • File

    グリーン参る

    2022/08/02

    濃昼~「ゴキビル」が正解です!
    誰も読めません。

    返信する