北海道のトトロ。戸外炉(トトロ)峠のネコバス。

初版 2022/09/07 13:15

改訂 2023/01/20 23:00

2週間ぶりのお休みだったので、道北の深川に足を延ばしてみました。戸外炉(トトロ)峠というところがあるとのことで、向かってみました。何か遠くにバスが見えてきます。

ネコバス!?

確かにネコバスだ。戸外炉峠のバス停が前にあります。

いや、良く出来てるなぁ。これはいいです!

ネコの表情がとてもいいですね。素晴らしい出来栄えです。

「ねこバス」という停留所の看板も雰囲気が出ています。

平成28年の古い時刻表ですが、これは架空の時刻表なんでしょうね。「七国山」行きですから。でも本物っぽく仕上がって、ここでバスを待つ人が居なかったか心配です(笑)。

味のある側面の絵。

トトロも良い表情をしています。まるで五月とメイのような姉妹が、この前で写真を撮っていました。

後のネズミもかわいいです。

バスの後ろに広がる大豆畑。

側面の疾走感もいいです。

このバスは元々農家の方の休憩用に置かれていたものだそうですが、それを数年前に地元の方たちでこのようにペイントしたそうです。楽しい試みですね。

どこまでも広がる大豆畑と山並みです。何もないけどこれが北海道かなぁ。

トノサマバッタの飛んでいる草原でのんびりしました。いい休日でした。

1990年3月に行ったロンドンで、初めてエドワードグリーンのドーバーを購入しました。以来、ここの靴の虜になりました。質の良いしっとりとしたカーフ、美しい木型、無い物ねだりと分かりながら、この時代のエドワードグリーンの靴を今も追い求めてしまいます。
他に古い靴も修理して履いています。特に戦前の英国靴は素晴らしいと実感しています。

Default