86年製 ポールセンスコーン ビスポーク クロコダイルコンビ

0

86年製作のポールセンスコーンのビスポークです。穏やかな美しいラウンドトゥです。5枚目のヒール側からの画像でもよく確認できますが、クロコダイルの斑は左右で正確に対称となるようにされています。つまり一匹のクロコダイルの左右同じ場所からパーツを取ってきているわけで、靴の革としては恐らく一足分しか確保できないとても贅沢な革の使い方です。白い革はホワイトバックスではなく、ホワイトカーフになっています。
画像3枚目、Uモカ部分にはドーバーと同じスキンステッチ「ライトアングル」という技術が用いられています。ただクロコダイルにスキンステッチを施すのはカーフより相当難しく(斑が割れやすい)、大変高度な技術だと思われます。紐も革製でタッセルにもクロコダイルが使われています。アウトソールの革も返りが良いのに頑丈で、とても焼きやすい靴です。紐が革製なのできつく締めることが出来ず、緩みやすいのが唯一の難点です。

現在、この靴を注文すると£6000は下らないと思いますが、これほどの靴を作って履かないオーナーさんの気持ちが私には分かりません。「履くのが勿体ないなら注文するな」そんな風に思ってしまいます(笑)。

Default