1960年代製作 バークレー(スワンネックステッチ型)

0

1960年代製作と思われるパンチドキャップトゥです。バークレーと同じデザインですが、80年代の旧グリーンのバークレーと違い、スワンネック型のステッチが入っています(新グリーンと同じです)。アッパーは通常のグリーンの靴とは全く異なるコーティングされたようなツヤツヤのカーフですが、ブックバインダーと違いきちんと乳化性のクリームが浸透します。ライニングも柔らかく、アッパーはフニャフニャです。チェスナッツと比較して非常に赤みの強い色合いです。腰裏、タン部分の裏にも全く文字の記載がなく、サイズもラストも分かりません。上から見ると全体にストンとまっすぐなラストになっています。この時代にはカンヌキも施されていません。インソックはMADE BYの四角いロゴ、アウトソールには刻印は何もなく、ヒールトップは一列の釘打ちです。(恐らくソールのMade in England の刻印はフルスティック氏の時代、1983年以降の製作だと思います。)ヒールカウンターは四角い縫込みで、80-90年代のバークレーは画像6枚目のような真ん中で縫い合わせ、上方に小さな革を縫込み補強しています。
ちなみにこの時代、バークレーは"877"という型番が付けられていました。

Default