七寸五段重 「吹雪」

0

七寸の五段重です。卵殻と菜種、紐を用いた変り塗で、共紙から「吹雪」という名称と思われます。卵殻もこの時代は細かいサイズです。「御用塗師 若州荒木」と書かれており、幕末の製作と推察します。共箱は粗末ですが、重箱自体は豪華な作りです。
「荒木」とは荒木久兵衛、現在も小浜で若狭塗を作っていらっしゃる羽田漆器店さんのご先祖と思われます。この荒木久兵衛さんらが中心となって、明治12年に若狭塗の会社を作り、海外に販路を広めたことが知られています。

Default