菓子箪笥 海底塗

0

高さが5寸ほどの小型の菓子箪笥です。塗りは松葉、檜葉、本物の木の葉で模様付けをして色漆を掛け、まるで秋の紅葉や海の底を見ているような美しい変り塗に仕上げています。昔は「海底塗」と言われていたことが納得できます。技術的には高度ではありませんが、漆の色の選択が素晴らしいと思います。木地は薄いのですが、箪笥の収まりは良好で狂いはありません。背部の板に丸みが付けられていますが、どのようにすればこうした成形が出来たのでしょうか。

また昔の若狭塗は金具の質の高さも特筆すべきものです。塗りだけでなく、こうした加工技術の高さ、豊富な金具類も江戸、明治の若狭塗の大きな特長です。

Default