明治期 六寸手提重 「若草山」

0

共箱もなく時代が分かりませんが、明治期のものと思われます。六寸四段の手提重です。稗で模様付をして微塵貝を少量捲き、緑と黄漆で仕上げた変り塗です。「若草山」と名付けました。内側は洗朱、底は黒塗りです。蓋の二方桟にも変り塗が施されていますが、ここまで手の掛かった若狭塗は大概出来が素晴らしいです。湯焼けもなく丁寧に使われているようですが、割れが散見していたので修理をしております。

Default